自動運転タクシー に関する記事

タクシー運賃、自動運転化で10分の1 2030年に1000兆円市場に 米アー...

「2019年までに自動運転タクシーが商業化される」——。米国の調査会社アーク・インベストメントが2017年10月に発表したMaaSレポートの予言は当たった。グーグル系の自動運転開発会社ウェイモが2018年12月にサービスを開始したか...

消えゆく信号…自動運転化で2040年に 米都市調査団体が予測

「2040年以降は信号機がなくなり、駐車場はオープンスペースになる」――。米国で都市調査などを手掛ける団体「Regional Plan Association(RPA/地域計画協会)」が2017年10月に発表したリポート「New Mobil...

無人の自動運転タクシー向けに「バーチャル運転手」アプリ登場 ロシアで開発進む...

タクシーの中で運転手と世間話をする方も多いだろう。「運転手から穴場スポットを教えてもらった」と得をして人も多いはずだ。 しかし、近い将来登場すると言われる自動運転タクシーが普及するとどうだろう。そこには乗務員がいないため、会話...

【インタビュー】JapanTaxiの自動運転時代の戦い方とは 岩田和宏CTO...

日本最大手のタクシー配車アプリを提供するJapanTaxi株式会社が、東京オリンピックに合わせた自動運転タクシーの運行プロジェクトに乗り出している。タクシー会社にとって自動運転は「敵」という見方をするタクシー事業者も多い中、なぜ同社...

自動運転の覇権争いは三つ巴…各陣営の企業まとめ 提携・アライアンスの現状は?...

ルノー・日産・三菱アライアンスが米グーグルの自動運転開発部門・ウェイモと協業に向けた話し合いを進めている旨の報が流れている。自動運転タクシーの実現など自動運転分野で存在感を増すウェイモと、自動車販売台数世界2位を誇る自動車連合が手を...

日産・ルノー・三菱自、自動運転開発でグーグル陣営に合流か

自動運転開発をリードする米グーグルの陣営に、日産とルノー、三菱自動車の3社連合が合流する見込みのようだ。日本経済新聞が2019年2月5日に報じた。 グーグル陣営は自動運転開発部門のウェイモが2018年12月に自動運転タクシーの...

自動運転社会の到来で登場する10のサービス

無人の自動運転車が市街地や郊外を当たり前のように走行する未来。限定条件下で自動運転が可能となるレベル3(条件付き運転自動化)、レベル4(高度運転自動化)の実現が間近に迫り、10数年後には一切の制約がないレベル5(完全運転自動化)も実...

暮らしはどう変わる?東京都が自動運転シンポジウム 日の丸交通の社長ら登壇

自動運転シンポジウムが2019年2月15日、東京都庁都民ホールで開催される。自動運転タクシーの公道営業実験を2018年に実施した日の丸交通株式会社の富田和孝社長による講演「自動運転タクシーがドライバーを守る」など、自動運転技術の先端...

グーグル系ウェイモ、自動運転車の「生産工場」建設へ ソフト搭載させレベル4車...

米グーグル系の自動運転開発企業ウェイモは2019年1月22日、自動車メーカーから購入する車両を改造して自動運転車に仕立て上げる「工場」を、米ミシガン州に建設すると発表した。工場と言っても車両を組み立てるわけではなく、同社が自社開発す...

2019年:自動運転やMaaS領域におこる変化・潮流10大予測

国内ではソフトバンクとトヨタ自動車との提携や、米ウーバーや中国DiDiなどのタクシー配車サービス参入などさまざまなニュースが流れ、海外ではグーグル系ウェイモによる自動運転タクシーの実用化で幕を閉じた2018年。コネクテッドカーの普及...