自動運転タクシー

自動運転と韓国(2022年最新版) 注目企業は?

自動運転技術の実用化に向けた取り組みが世界で加速している。米国と中国が先行する中、これを追いかける第2集団の動向にも注目が集まるところだ。 この第2集団において、近年は韓国が存在感を増し、めきめきと頭角を現しているようだ。この...

ホンダ、東京で「レベル4自動運転」の実証実施へ

ホンダが東京都心部の交通混雑地滞において、「自動運転レベル4」の実証実験を2022年内に実施する予定であることが、時事通信の報道で明らかになった。タクシー大手の帝都自動車交通、国際自動車の2社と連携して実施するという。 ホンダ...

韓国ヒョンデ、自動運転タクシーの試験運用開始

韓国の大手自動車メーカーである現代自動車(ヒョンデ)は2022年6月14日までに、自動運転タクシーサービス「RoboRide」(ロボライド)の試験運用を開始したことを発表した。 自社開発の「レベル4」の自動運転機能を搭載したE...

自動運転と東京(2022年最新版)

日本の首都・東京。多くの企業が集積する日本経済の中心地として、多方面で日本をリードする存在であることは言うまでもない。自動運転分野においてもその存在感は大きく、大都市ならではの取り組みが際立つ。 この記事では、東京都の戦略をは...

ドバイ市、自動運転タクシー実現へ街中を3Dマップ化

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ市当局はこのほど、ドライバーレスの自動運転サービスの社会実装に向けたデータ基盤を整備するため、デジタルマッピングプロジェクトを開始した。 デジタルマッピングに際しては、「Google Mapカ...

米当局、自動運転の「開放路線」を修正か 初の許可停止

自動運転開発を手掛けるスタートアップの中国Pony.aiが、カリフォルニア州の道路管理局(DMV)から公道走行ライセンスの停止措置を受けた。 同社は2021年、公道実証中の事故に起因してドライバーレスの走行ライセンスを停止され...

自動運転時代のサービス(2022年最新版)

無人の自動運転車が市街地や郊外を当たり前のように走行する未来がやってくる。すでに、限定条件下で自動運転が可能となる「レベル3」をホンダが市販車に搭載し、特定エリア内での完全自動運転が可能な「レベル4」の自動運転タクシーも登場している...

韓国・現代、自動運転タクシー車両を2023年にローンチ

自動運転タクシー。米国ではWaymoやCruise、中国では百度(バイドゥ)はじめPony.aiなどのベンチャー各社が展開しており、日本においてはホンダや日産による計画がすでに発表されている。 そんな中、韓国の現代自動車は自動...

上海汽車、「純中国産」に固執せず自動運転タクシー開発

自動運転レベル4(高度運転自動化)のロボタクシー車両の開発に着手する企業が増えてきた。中国の上海汽車集団(SAIC)もその1社に数えられ、完全無人で運用できるロボタクシー車両の開発に力を入れ始めている。 自動運転レベル4は、特...

2030年の自動運転(2022年最新版)

局所的ながらも実用化が始まった自動運転技術。2020年代には裾野を大きく広げ、同技術を活用したさまざまなサービスが社会に浸透していくことが予想される。自動運転時代の幕開けだ。 では、節目となる2030年はどのような社会となって...