広告 に関する記事

窓の代わりに高精細ディスプレイ!ヤマハとソニー、自動運転車を共同開発

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市/代表取締役社長:日高祥博)とソニー株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:吉田憲一郎)は2019年8月21日、電磁誘導方式で自動運転が可能な低速の移動体験車を共同開発した、と発表した。 ...

nommoc、東京で「無料タクシー」βテストのモニター募集!

2018年4月に福岡市で設立された株式会社nommoc(代表取締役:吉田拓巳)は2019年8月22日、無料タクシーサービスの提供スタートを控え、東京エリアでβテストを実施することを発表した。βテストに参加するテストユーザーの募集も行...

異例の事態?100万ドル足りず自動運転バス計画が頓挫 米ナパ郡

カリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアの北部に位置するナパバレーで、自動運転バスの運行計画が暗礁に乗り上げている。原因は資金不足。現地メディアの報道によれば、100万ドル(約1億1000万円)足りないらしい。 ナパバレー...

【対談】コネクテッドの未来を探る スマートドライブの北川社長と自動運転ラボが...

いま、世界中の車の多くはまだコネクテッドカーではない。そんな中、シガーソケットに専用デバイスを差し込むだけで自動車をコネクテッド化するプロダクツを開発・販売している日本のベンチャー企業がある。株式会社スマートドライブ(本社:東京都港...

“タクシー無料化”実現!nommocローンチに伴い、...

2018年4月に福岡市で設立された株式会社nommoc(代表取締役:吉田拓巳)は2019年8月9日までに、スマートフォンアプリで車両を呼んで⽬的地まで無料で行ける無料配車サービス「nommoc(ノモック)」について報道発表を行った。...

タクシー後部座席向けサービス「GROWTH」、地方でも広告展開へ

総合PR会社ベクトルの子会社である株式会社ニューステクノロジーは2019年7月25日までに、同社が提供する後部座席タクシーサイネージサービス「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」(GROWTH)について発表を行...

【対談】満稿御免!好調なタクシー後部座席広告の現在と未来、ニューステクノロジ...

いま満稿状態が続いている広告枠の一つに、タクシーの後部座席の乗客向けに配信されるデジタルサイネージ広告がある。端末を搭載するタクシーも増え続けているほか、こうした端末の導入はカーシェアやサブスク(定額サービス)向けの車両でも進むとい...

タクシー後部座席サイネージ「GROWTH」、10〜12月分の広告枠受付を8月...

タクシー向け後部座席サイネージサービス「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」(GROWTH)の2019年10〜12月分の広告枠の受付が、8月5日から開始される。同サービスを運営する株式会社ニューステクノロジー(...

JR東日本企画、デジタルチケットサービス「wallabee」をリリース Ma...

JR東日本グループの株式会社ジェイアール東日本企画(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:原口宰)は2019年7月7日までに、ウェブ広告を手掛けるソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一)と連...

運転時間の平均は1人80分、自動運転になったら代わりに何をする?

製品評価技術基盤機構が実施した調査結果によれば、日本人の1日あたりの運転時間は1人約80分らしい。人が全く運転に関与しなくてもよい完全自動運転が実用化されれば、この80分は「自由時間」となる。 将来この自由になった時間、人々は...