広告

タクシー後部座席向けサービス「GROWTH」、地方でも広告展開へ

総合PR会社ベクトルの子会社である株式会社ニューステクノロジーは2019年7月25日までに、同社が提供する後部座席タクシーサイネージサービス「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」(GROWTH)について発表を行...

【対談】満稿御免!好調なタクシー後部座席広告の現在と未来、ニューステクノロジ...

いま満稿状態が続いている広告枠の一つに、タクシーの後部座席の乗客向けに配信されるデジタルサイネージ広告がある。端末を搭載するタクシーも増え続けているほか、こうした端末の導入はカーシェアやサブスク(定額サービス)向けの車両でも進むとい...

タクシー後部座席サイネージ「GROWTH」、10〜12月分の広告枠受付を8月...

タクシー向け後部座席サイネージサービス「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」(GROWTH)の2019年10〜12月分の広告枠の受付が、8月5日から開始される。同サービスを運営する株式会社ニューステクノロジー(...

JR東日本企画、デジタルチケットサービス「wallabee」をリリース Ma...

JR東日本グループの株式会社ジェイアール東日本企画(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:原口宰)は2019年7月7日までに、ウェブ広告を手掛けるソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一)と連...

運転時間の平均は1人80分、自動運転になったら代わりに何をする?

製品評価技術基盤機構が実施した調査結果によれば、日本人の1日あたりの運転時間は1人約80分らしい。人が全く運転に関与しなくてもよい完全自動運転が実用化されれば、この80分は「自由時間」となる。 将来この自由になった時間、人々は...

【対談】どうなる2020年以降の自動運転市場!?富士キメラ総研と自動運転ラボ...

新聞やニュースなどで「自動運転」という言葉を見聞きしない日はもう少ない。世界ではGoogle系ウェイモが2018年12月に自動運転タクシーの商用サービスをスタートさせ、日本国内でも自動運転レベル3(条件付き運転自動化)を解禁する改正...

次なる有望市場「タクシー広告」!解説・まとめ記事8本を紹介 by 自動運転ラ...

タクシーの後部座席向けのデジタルサイネージを使った広告配信サービスが、この1年で続々と誕生している。自動運転車や(今はまだ日本国内では解禁されていないが)ライドシェア車両、カーシェアの車内でも将来的に同様の広告配信サービスを提供でき...

自動車業界も注目!広告配信でデジタルサイネージ導入が無料、タクシーやカーシェ...

デジタルサイネージ事業を展開する株式会社Amazing Day(本社:東京都港区/代表取締役社長:枝吉宣輝)は2019年6月18日までに、同社が提供しているデジタルサイネージ管理端末「Enplug(エンプラグ )」の新しい運用プラン...

自家用車にシール貼るだけで広告料ゲット→維持費の足しに 個人間カーシェアとも...

中古自動車販売などを手掛ける株式会社オートプラス(本社:愛知県名古屋市/代表取締役:井野貴文)は2019年6月19日までに、一般の乗用車ユーザーが広告主とスポンサー契約を結ぶ新しい交通広告サービス「マイカースポンサー(全国版)」を開...

ライドシェア車両の屋根の上も広告枠!米スタートアップFireFlyが資金調達...

ライドシェアやタクシーの上部にデジタルサイネージを取り付け、位置情報と紐付いた広告を配信する——。こうした事業を手掛けているのが米スタートアップ企業のFireFly社で、モビリティ広告の新たな形として注目を集めている。 同社は...