テスラの自動運転ソフト「史上最悪」 NYタイムズに全面広告

The Dawn Projectが掲載、FSDを酷評



出典:The Dawn Project

2022年1月16日の日曜日、ニューヨーク・タイムズにテスラの自動運転ソフトを酷評する全面広告が掲載された。

全面広告では、テスラの自動運転ソフトウェアを「the worst software ever sold by a Fortune 500 company(フォーチュン500社に選ばれた企業が販売した史上最悪のソフトウェア)」と表現し、批判を展開している。







広告を掲載したのは、安全なソフトウェアの普及を推進する「The Dawn Project」。掲載した広告は、以下のURLから確認できる。

▼full-page advertisement in The New York Times|The Dawn Project
https://dawnproject.com/wp-content/uploads/2022/01/The-Dawn-Project-New-York-Times-Advert.jpeg

■世論を騒がすFSD

テスラは「FSD」(Full Self-Driving)というソフトウェアをテスラ車のオーナーに対してオプション提供している。しかし、FSDの危険性を指摘する声もあり、米カリフォルニア州車両管理局(DMV)がFSDに対して何らかの規制を行う可能性が出てきている。

一方、テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)はTwitterで、FSDに関連した事故はまだ起きていないことを強調している。アメリカの世論を騒がせているFSD。事態が今後どのような方向性に動いていくのか、注目したいところだ。

▼Dawn Project|The Dawn Project
https://dawnproject.com/

【参考】関連記事としては「テスラFSD、「購入型」は何年目で「サブスク型」よりお得に?自動運転機能を将来搭載」も参照。FSD(Full Self-Driving)はソフトウェア名自体が「完全自動運転」を略した言葉だが、現在は運転支援のみの展開で、FSDを「自動運転ソフトウェア」と呼ぶかどうかは、メディアによって判断が分かれている。ただし、将来的には無線アップデートによって自動運転機能が提供される予定となっている。現在は買い切り価格で10,000ドル、サブスクでは月額99ドルでソフトウェアが提供されている。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事