孫正義

ソフトバンク、中国DiDiの自動運転部門へ近く出資か

「ソフトウェアの銀行」に由来する社名を持つソフトバンクが近年、「自動運転の銀行」としての色を強めている。ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)を中心に積極的にスタートアップに出資しているが、このほど、配車サービス大手の中国・滴滴...

米Nuroの低速自動運転デリバリー専用車に、初の公道走行許可

アメリカで自動運転車を使ったデリバリー事業の商用化に向け、大きな動きがあった。米道路交通安全局(NHTSA)は2020年2月10日までに、自動運転関連事業を手掛ける米スタートアップ企業のNuro(ニューロ)に対し、人の運転を想定して...

【速報】ソフトバンクグループ、第2四半期決算は7001億円の赤字 WeWor...

ソフトバンクグループ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役会長兼社長:孫正義)=SBG=は2019年11月6日午後4時から、2019年7〜9月期(2020年3月期第2四半期)の決算説明会を開いた。 同社は第1四半期で1兆121...

【速報】ソフトバンクG決算、四半期純利益が初の1兆円超え ビジョンファンド、...

ソフトバンクグループ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役会長兼社長:孫正義)=SBG=は2019年8月7日、2019年4〜6月期(2020年3月期第1四半期)の決算発表会を開き、純利益が前年同期比で3.6倍となる1兆1217億円と...

ソフトバンクグループ、8月7日に2019年4〜6月期の決算発表 孫正義氏、自...

ソフトバンクグループの2019年4〜6月期(2020年3月期第1四半期)の決算説明会が、2019年8月7日に開催される。自動運転やMaaS領域に力を入れる「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)の第2号を設立すると公式に発表してから初...

ソフトバンクG、インドネシアに5年間で20億ドル投資 出資先のライドシェア大...

ソフトバンクグループ(SBG)は今後5年間で、インドネシアで20億ドル(約2160億円)規模を投資する。報道などによれば、孫正義会長がインドネシアを訪れて同国のジョコ・ウィドド大統領と会談し、その意向を伝えたようだ。 投資は、...

SVFの営業利益、ソフトバンクG全体で初の過半越え 1兆2566億円、前期か...

ソフトバンクグループ(本社:東京都港区/代表取締役会長兼社長:孫正義)は2019年5月9日、2019年3月期の決算説明会を開き、2019年3月期連結決算(国際会計基準)の純利益は3年連続で1兆円を突破し、前期比36%増の1兆4111...

【判明】ソフトバンク・ビジョン・ファンド、全投資先は69銘柄、累計6.6兆円...

ソフトバンクグループの2019年5月9日の2019年3月期決算発表で、10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)の投資先が計69銘柄に上ることが分かった。 累計取得価額は601億ドル(約6兆6000億円)で、...

日本長者番付2019、自動運転関連で登場した5人の顔ぶれ

アメリカの経済誌フォーブスが2019年度版日本長者番付を2019年4月14日までに公表した。 首位はユニクロなどを手掛けるファーストリテイリングの柳井正氏だったが、自動運転領域に関わる経営者はどれくらいランクインしているのか調...

自動運転領域におけるウーバーの「金」と「投資」を完全解説 トヨタ自動車やソフ...

2019年中のIPO(新規株式公開)を目指す米ライドシェア大手のUber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)。最近では、ソフトバンクグループとトヨタ自動車などがウーバーの自動運転部門に10億ドル(約1100億円)を...