名古屋大学

自動運転の「ゆっくりカート」が、住民の理解を「しっかり」醸成

大阪府四條畷市で開催される「第3回スマートシティ推進フォーラム」において、自動運転サービスに対する地域住民の理解醸成を目的に、低速自動運転車「ゆっくりカート」を使ったデモンストレーションが2021年10月16日に行われる。 四...

自動運転車の事故、海外・国内事例まとめ トヨタのe-Paletteによる事故...

自動運転に関する死亡事故は、2021年9月時点でアメリカでこれまでに3件発生している。テスラが2回、ウーバーが1回起こしている。 日本では自動運転車による死亡事故は起きていないが、実証実験が盛んになった2019年以降、少なくと...

位置特定の新技術「VPS」、自動運転向けに検証中!PLATEAUプロジェクト...

国土交通省はまちづくりのDX化を進めるため、3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化を「Project PLATEAU」において進めている。そして現在は「自動運転」などをテーマとした実証実験に取り組んでおり、その内容を2021年...

自動運転の社会実装、目指すは2024年度!静岡県、今年度も実証、受託企業は東...

東急株式会社(本社:東京都渋谷区/取締役社長:髙橋和夫)は2021年8月9日までに、静岡県が実施する自動走行実証事業「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」の2021年度事業受託者に決定したことを発表した。 静岡県は2...

SIP自動運転の2021年度東京臨海部実証、トヨタなど22企業・大学が参加

国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)は2021年7月7日までに、「戦略的イノベーション創造プログラム」(SIP)第2期の「自動運転(システムとサービスの拡張)」が実施する2021年度の東京臨海部実証実験...

自動運転車「ゆっくりカート」の運行、管理の手間を大幅軽減!実証実験スタート

愛知県春日井市と名古屋大学、KDDI、KDDI総合研究所の4者は2021年6月25日までに、自動運転車「ゆっくりカート」の運行管理の実証実験を開始した。 報道発表によれば、複数予約の運行経路設定や相乗り調整を自動で行う運行管理...

全国初!愛知県、「都市部×長期」の自動運転実証を実施へ

愛知県は2021年6月10日までに、2021年度における自動運転の実証実験の計画を発表した。愛知県は2016年から全国に先駆けて実証実験を実施しており、2021年度の実証実験では、全国初となる都市部での長期実証も行うという。 ■都...

自動運転技術を活用!「AI教習システム」を製品化 指導員の高齢化問題を緩和

東京大学と名古屋大学、科学技術振興機構(JST)は2021年6月8日までに、自動運転技術を用いた「AI(人工知能)教習システム」を製品化したことを発表した。AI教習システムにより、教習所指導員の高齢化などによる人材不足の課題解決が期...

「自動運転シティ!」と叫びたくなる愛知スーパーシティ構想とは

愛知県と同県常滑市が、国のスーパーシティ構想に関わる公募に応募した。自動運転実証が盛んな愛知県らしい提案で、モビリティ分野における取り組みが盛りだくさんの内容となっている。 応募は2021年4月16日付。各自治体からの提案の検...

自動運転×宅配、ルート最適化AIとECを結ぶ「コネクタ」の重要性

自動運転技術を活用した自動配送ロボットの実用化に向け、実証が加速している。ロボット開発事業者や宅配事業者を中心に、小売りやエリアマネジメント事業者らが参画し、公道を交えた本格実証が各地で盛んに行われている。 こうした自動配送ロ...