仕組み

【2024/7最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー、始...

人気のフードデリバリーサービスの代表格といえばUber Eats(ウーバーイーツ)。最近はそのUber Eats の配達パートナーになり、本業や副業としてお金を稼ぐ人も増えてきた。 この記事では、Uber Ea...

【2024/7最新】Uber Eats 配達パートナー、報酬の仕組み・よくあ...

料理のデリバリーサービスが人気だ。その代表格がUber Eats(ウーバーイーツ)。利用者の増加とともに、デリバリーを担う配達パートナーとして働く人も増えてきている。 Uber Eats では配達パートナーを随時募集し...

【2024/7最新】Wolt(ウォルト)配達パートナーの時給は?報酬はどれく...

料理などのデリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」では、デリバリーを担当する「配達パートナー」を現在募集中だ。この配達パートナーは、どのくらいの報酬を得ることができるのだろうか。完全出来高制ではあるが、時給換算ではどうなる...

【2024/7最新】Wolt(ウォルト)配達パートナー、報酬の仕組みは?ウィ...

フードデリバリー大手「Wolt(ウォルト)」では、商品の配達を担う配達パートナーを募集している。好きな場所で好きな時間に稼働でき、現代の新しい働き方の1つとして人気だ。ではその配達パートナーの報酬はどのような体系になっている...

【2024/7最新】KINTO(キント)とは?トヨタのサブスク、月額料金・対...

トヨタやレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービスとして「KINTO」(キント)だ。諸費用コミコミで月額1万円台から新車に乗ることが可能で、自動車を買わずに初期費用を抑えて利用できる手軽さから、KINTOの人気は急上昇...

自動運転、社会受容性を高めるアプローチ一覧(2024年最新版)

実用化の波が押し寄せている自動運転技術。日本国内でも認知度は高まり、実際に目にした人や乗ったことがある人も珍しくなくなってきた。 技術は日々進歩しており、実用化のフェーズに達しつつあるモデルや取り組みも出始めている。技術面では...

MaaS(マース)とは?次世代交通の象徴として注目

「MaaS」(マース)という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2024年に入ってもその勢いは衰える...

デジタル庁、「自動運転」へのアプローチ本格化 1回目の将来ビジョン検討会開催...

デジタル庁は2021年12月10日までに、「自律移動ロボットの運行に関する運用及び管理を行う者が異なる複数の関連する情報処理システムの連携の仕組み(アーキテクチャ)を描く取組」を開始することを発表した。 デジタル庁から依頼を受...

自動運転の仕組みは2種類!「非人間型」と「人間型」

自動運転の各機能・システムは、よく人間に例えられる。センサーが「目」、AI(人工知能)が「脳」といった具合だ。人間による従来の運転操作をコンピュータで代替するのが自動運転のため、この例えは正しいと言える。 ただ、世界で開発中の...

自動バレーパーキングの仕組みや、やり取りされるデータは?(深掘り!自動運転×...

一定のエリア内などで無人走行を可能にする自動運転レベル4の社会実装が近付いてきているが、異なる目的でのレベル4の開発も着々と進められている。駐車場内で無人走行を可能にする自動バレーパーキングだ。 現在実用化が見込まれている一般...