中国

海外でも大規模計画が続々【最前線「自動運転×スマートシティ」 第4回】

国内でスマートシティ化に向けた取り組みが加速しているが、欧州を筆頭に先行する海外でも大小さまざまなプロジェクトが進行している。 この記事では、自動運転技術の導入を視野に入れた海外スマートシティプロジェクトをピックアップし、紹介...

中国・百度、自動運転の大本命に!吉利と最新EV車両製造へ

中国IT大手の百度(バイドゥ)は2021年1月17日までに、浙江吉利控股集団(Geely/ジーリー)と戦略的パートナーシップを締結し、インテリジェントEV(電気自動車)を設計・生産する新会社を設立すると発表した。 自動運転開発...

Teslaの株価8倍を上回る「13倍」のNIO、新EV発表!自動運転センサー...

中国の電気自動車(EV)メーカーであるNIO(ニーオ)は2021年1月11日までに、新たにラグジュアリーセダン「ET7」を発表した。販売開始時期は2022年初旬となる見込みだ。ET7には自動運転向けのセンサーなどが搭載されるという。...

トヨタのe-Palette(イーパレット)とは?多目的自動運転EV、MaaS...

次世代のモビリティの在り方を象徴するモデルとして、トヨタ自動車が2018年に発表した「e-Palette」。転換期を迎えつつある自動車社会において同社の命運を握る「カギ」と言っても過言ではない存在で、無限の可能性を秘めたコンセプトモ...

神奈川で実証中!自律走行型AIサービスロボ「Lanky」とは!?

神奈川県はこのほど、ロボットが活躍している様子を見たり体験したりすることができる藤沢市の「かながわロボタウン」における、AIサービスロボット「Lanky(ランキー)」の実証実験について発表した。 実証実験は2021年1月17日...

自動運転業界、2021年の展望は?レベル3〜4が世界各地で、巨額買収や大型上...

コロナ禍においてもさまざまな動きがあった2020年の自動運転業界。着実に前進を遂げ、これらの動きは2021年に引き継がれていくことになる。 まもなく迎える2021年、自動運転業界ではどのような出来事が起こるのか。展望をまとめて...

2020年の自動運転・MaaS業界を総括!9つのトピックスで振り返る

2020年もまもなく過ぎ去ろうとしている。新型コロナウイルスの影響などで進捗が鈍った面も少なからずあった中、自動運転やMaaSの各分野でどのような成果があったのか。計9つのトピックス仕立てで、2020年の自動運転・MaaS業界の動向...

日の丸ルネサス、自動運転に注力!第一汽車との研究所設立、新チップ発表

日本の半導体大手ルネサスエレクトロニクス。完全自動運転車の実現を推進するため発足した国際的コンソーシアム「AVCC」への参画や、自動運転システムの開発を加速させる「認識用クイックスタートソフトウェア」を提供するなど、自動運転領域に注...

自動運転とは?2020年にレベル3解禁、基礎知識を徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月には自動運転レベル...

ヤマトCVC、中国Yoursへ出資!自動運転配送ロボットを開発、すでに多数の...

ヤマトホールディングス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:長尾裕)は2020年12月10日までに、中国で自動運転配送ロボットを開発・事業展開するYours Technologies社への出資を決めたことを発表した。 ...