中国

LiDAR(ライダー)とは?(2024年最新版)自動運転向けセンサー

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

ホンダの自動運転戦略(2024年最新版) レベル3車両発売、無人タクシー計画...

世界初の自動運転レベル3搭載量販車の販売など波に乗るホンダ。自動運転分野では目立たず静観している印象が強かったホンダが、ついに本領を発揮し始めた。米GM、Cruise(クルーズ)との協業により、自動運転タクシーを日本で展開する計画も...

米ロボマート、「自動運転コンビニ」をトヨタより先に展開へ

完全自動運転モビリティを使ったモバイルコンビニのプロジェクト「Robomart Smart Shop」が、米カリフォルニア州でいよいよ本格的に動き出すようだ。実験的に商用展開を開始するのは、同州に拠点を置くRobomartだ。 ...

自動運転バス・シャトルの車種一覧(2024年最新版)

自動運転技術の実用化が世界で加速している。タクシーやデリバリーなどさまざまな用途に向けた開発が進められているが、早くから実用化が進んでいるのがバスやシャトルサービスだ。 この記事では、2024年現在で日本を含む世界で開発が進め...

無人の自動運転パトカー、北京で試験導入 24時間稼働、360度センサーを搭載...

中国・北京市でこのほど、自動運転パトカーの路上走行試験がスタートした。自動運転レベル4(高度運転自動化)相当の車内無人のパトカー15台が、北京市の警察官と連携して24時間体制で警官業務を行う。 この自動運転車は公道走行試験の認...

分割式の空飛ぶクルマ、中国XPengが2025年Q4に量産開始

中国のEV(電気自動車)ベンチャーであるXPeng Motors(小鵬汽車:シャオペン)はこのほど、グループ会社のXPENG AEROHT(小鵬匯天)と提携し、空飛ぶクルマ開発に乗り出すことを発表した。詳しくは後述するが、独特な「分...

【国別】自動運転、2024年の業界展望&超重要トピックス一覧

着々と社会実装の域を広げる自動運転。数年前に各国企業が発表した目算からは遅れているものの、じわりじわりと技術を向上させ、実証や実用化の波はしっかりと押し寄せている。 2024年は各国でどのような動きがあるのか。業界展望に触れて...

【2023年12月の自動運転ラボ10大ニュース】日本政府のライドシェア方針に...

2023年もいよいよ師走を迎えた。モビリティ関連ではここにきてライドシェア議論が再燃し、政府が一定の指針を示した。最終的にどのような結末を迎えるのか、今から注目だ。 自動運転関連では中国に動きがあり、政府が自動運転サービス向け...

中国政府、自動運転バスの車内音声「リアルタイム共有」を義務化

中国政府は2023年12月18日までに、自動運転車の国家安全ガイドラインを発表した。中国ではこれまで各地方当局に自動運転に関する規制が委ねられていたが、今回発表したガイドラインは全国統一型のガイドラインとなる。 ガイドラインの...

BMW、上海で自動運転レベル3の走行試験認可を獲得 ホンダを出し抜く?

ドイツ自動車大手のBMWグループが2023年12月17日までに、上海の高速道路上でレベル3(条件付運転自動化)の自動運転車を試験走行するための認可を、中国当局から得たことが明らかになった。 現時点で自動運転レベル3の機能を市販...