中国

ドバイで自動運転デリバリー開始へ 中国ベンチャー「Neolix」の車両採用

ドバイ道路交通局の幹部は2021年10月18日、近くドバイ中心部で自動運転車によるデリバリーサービスが開始されることを発表した。自動運転配送車の開発で知られる中国のスタートアップ企業「Neolix(新石器)」の車両が採用されるという...

NHK BS1の「国際報道2021」にリモート出演 自動運転ラボ主宰の下山哲...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2021年10月13日(水)午後10時から放映されるNHK BS1のニュース番組「国際報道2021」にリモート出演することになりましたので、お知...

LiDARセンサーとは?自動運転で活躍、開発企業が増加

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

自動運転のために人工衛星を飛ばす!中国・吉利が生産スタート

中国の民営自動車大手である浙江吉利控股集団(Zhejiang Geely Group Holding)が、自動運転車を高精度に誘導するためのナビゲーションネットワークの構築に向け、人工衛星の製造を開始したことが明らかになった。同社が...

令和のロボット大戦!自動配送ロボ、中国製が日本に相次ぎ上陸

コロナ禍を契機に国内外で一気に注目度が高まった自動配送ロボット。コンタクトレス(非接触)を可能とする新たなサービスは、宅配や飲食店における配膳などさまざまな分野で導入が進んでいる。 日本国内では、すぐに導入可能な配膳ロボットの...

自動運転タクシー、現時点で世界で「617台」 米企業調査

2021年の自動運転タクシーの市場規模は「617台」——。こうした興味深いデータが掲載されている市場調査レポートが、2021年9月30日までに発売開始された。 この市場調査レポートは、米コンサルティング企業のMarketsan...

自動運転レベル3とは?定義は?ホンダが先行、トヨタや日産は?

日進月歩で進化を続ける自動運転技術。ハンズフリー運転を可能にする高度な自動運転レベル2(部分運転自動化)搭載車が続々と市場に投入される中、2020年に国内で改正道路交通法などが施行され、アイズフリーが可能となるレベル3(条件付運転自...

自動運転、日本・海外の主要自動車メーカー19社の進捗まとめ

日々進化を続ける自動運転技術。開発の主役はスタートアップやテクノロジー企業が担っており、自動車の概念をハードウェアからソフトウェア主体のものへと変革させている。 一方、長きに渡って自動車産業を築き上げてきた世界各国の自動車メー...

自動運転タクシーとは?開発競争が激化、既に商用サービスも

米Waymo(ウェイモ)の商用サービス実施を皮切りに、現実味を帯びてきた自動運転タクシー(ロボットタクシー)。ドライバー不在の自動運転タクシーが当たり前のように客を乗せて市街地を走行する光景も、近い将来、当たり前のものとなっていくは...

ホンダの自動運転戦略まとめ 世界初のレベル3量産車を発売

米GM、Cruise(クルーズ)との自動運転モビリティサービスに向けた協業や、世界初の自動運転レベル3搭載量販車の販売など波に乗るホンダ。自動運転分野では目立たず静観している印象が強かったホンダが、ついに本領を発揮し始めたようだ。 ...