中国

大阪万博が「空飛ぶクルマ万博」になりそう

エアモビリティ関連事業を展開する株式会社AirX(本社:東京都新宿区/代表取締役:手塚究)は2022年1月23日までに、中国の空飛ぶクルマメーカーEHang(イーハン)が開発する「AAV」(自律飛行型航空機)に関する販売パートナー契...

北京冬季五輪、「自動運転オリンピック」的様相へ トヨタe-Paletteは運...

東京2020オリンピック・パラリンピックが終わったばかりの印象が強いが、2022年2月には中国の首都・北京で「北京冬季オリンピック」が開幕する。 東京大会では運営のさまざまな部分に自動運転技術が導入されたほか、大会を目標に大規...

スマホ大手OPPO、自動運転EV製造に本格的に動き出す

「自動運転車を開発するのは自動車メーカー」。もしこうした考えを持っているなら誤りだ。IT大手もこの領域に乗り出しているし、最近ではスマホ大手の参入に関するニュースも飛び交っている。 例えば中国のスマホ販売企業OPPOも自動運転...

自動運転、2022年は世界で「レベル4」の法整備加速

ドライバーレス走行を実現する自動運転レベル4を取り巻く環境が整備されつつある。国内では、警察庁がレベル4を想定した新たな道路交通法改正案を策定し、2022年度中にも運行許可制度を創設する構えだ。 海外でも、レベル4に対応した道...

自動運転車、「ハンドルがない」のにデザインはほぼ変わらず?

完全自動運転車は人による運転が想定されておらず、運転手(そもそも「運転手」という概念もないが…)が前を向かねばならない理由もなく、当然、運転席も必要ない。ハンドルやブレーキなどのペダル類も不要だ。そのため車内デザインは自由度が大きく...

中国系TuSimple、公道で自動運転トラックの「完全無人」運用に成功

中国系スタートアップのTuSimple(図森未来)が、アメリカの公道で自動運転トラックの完全無人オペレーションに成功した。同社が2022年1月1日までに発表した。 報道発表によれば、TuSimpleの自動運転トラックは12月22日の夜...

レベル4自動運転車、「量産」は中国の独壇場か 百度も大量製造へ

自動運転レベル4(高度運転自動化)の技術を使った有料の移動サービスが初めて始まったのは、アメリカの地だ。Google系Waymoが運転席無人の自動運転タクシーをすでに展開している。一方、レベル4の自動運転車の量産では、中国がアメリカ...

中国のスマホ大手シャオミ、2024年にEVを生産開始

中国スマートフォン大手Xiaomi(小米科技/シャオミ)のレイ・ジュンCEO(最高経営責任者)は2021年12月31日までに、2024年にEV(電気自動車)の生産を開始すると発言した。中国メディアが報じた。 シャオミに関しては...

トヨタ出資の中国Momenta、自動運転技術の「売り先」獲得か BYDと合弁...

自動運転システムを開発する中国のスタートアップ企業Momenta(モメンタ)と、同じく中国企業でEV(電気自動車)メーカーのBYD(比亜迪汽車)はこのほど、合併事業を設立した。ロイター通信などが報じた。 合併事業の名称は「Di...

中国初!アリババ出資のAutoX、レベル4自動運転車の製造ライン完成

アリババが出資している中国のスタートアップ企業AutoXはこのほど、自動運転レベル4(高度運転自動化)のロボタクシーの製造ラインを中国で初めて完成させたと発表した。 この製造ラインは2021年7月に操業を開始した工場内にあり、...