中国

自動運転タクシーとは?(2022年最新版)

米Waymo(ウェイモ)の商用サービス実施を皮切りに、現実味を帯びてきた自動運転タクシー(ロボットタクシー)。ドライバー不在の自動運転タクシーが当たり前のように客を乗せて市街地を走行する光景も、近い将来、当たり前のものとなっていくは...

NVIDIAの自動運転チップ、EV企業の推定シェアは60%強

EV(電気自動車)業界においても、半導体大手の米NVIDIAのシェアは着々と広がっているようだ。同社は2022年3月22日に開催された自社カンファレンス「GTC」の中で、自動運転に適した車載半導体「NVIDIA DRIVE Orin...

中国WeRide、世界で飛躍!アブダビの自動運転タクシーにシステム提供

中国の自動運転ベンチャーWeRide(文遠知行)がシステム提供した無人タクシーが、アラブ首長国連邦の首都アブダビで第1フェーズの実証実験を成功させた。MENA(中東・北アフリカ地域)初の「自動運転レベル4」(高度運転自動化)での成功...

Nuroの自動運転配送ロボ、中国EV大手BYDが製造パートナーに 

自動運転配送ロボットを開発している米シリコンバレーのスタートアップNuroが、中国のEV(電気自動車)大手BYD(比亜迪)と提携していたことが、2022年3月29日までに分かった。この提携により、Nuroの第3世代の自動運転配送ロボ...

870万円で無人タクシー製造!2022年3月の自動運転ラボ10大ニュース

2022年に入ってからも社会実装に向けた取り組みが加速し続けている自動運転業界。米国や中国、そして韓国では自動運転タクシーの実用化に向けた取り組みが一段前進したようだ。その一方、ロシアによるウクライナ侵攻の影響も一部で出始めている。...

打倒Nuro!中国のWhale Dynamic、自動配送ロボで米市場に照準

自動配送ロボットを開発する中国のスタートアップ企業Whale Dynamic(ホエール・ダイナミック)は2022年3月24日までに、アメリカで自動配送ロボットの展開を図るため、シードラウンドにおいて約250万ドル(約3億円)の資金調...

自動運転業界のスタートアップ一覧(2022年最新版)

AI(人工知能)やセンサーをはじめとした最新技術が結集する自動運転業界。新進気鋭のスタートアップも次々と登場し、業界を賑わせている。 この記事では、CASE(C=コネクテッド、A=自動運転、S=シェアリング・サービス、E=電動...

EVメーカーの自動運転戦略一覧(2022年最新版)

テスラの時価総額が1兆ドル(115兆円)を超え、新規上場直後に時価総額10兆円を超えたEV(電気自動車)メーカーのRivian(リビアン)が現れるなど、EV業界に向けられる期待が天井知らずに伸び続けている。 EVシフトへの圧力が強まる...

中国政府が「国外上場」支持、自動運転業界でIPOラッシュか

米国での株式公開に二の足を踏んでいた中国スタートアップ勢に追い風が吹くかもしれない。中国政府が金融規制を緩和する方向にかじを切り直すようだ。証券取引にまで及ぶ国内企業への規制強化方針を一転し、米国をはじめとした国外市場への上場も支持...

自動運転業界のユニコーン、時価総額ランキング(2022年最新版)

自動運転市場が本格化の兆しを見せ、開発企業の株式上場が相次いでいる。その後ろに控えるスタートアップも続々とユニコーン企業(企業価値10億ドル以上の未上場企業)の仲間入りを果たし、巨額の資金で開発を加速させているようだ。 この記事では、...