マッピング に関する記事

ADAS活用も想定した「USB 3Dカメラ」発表 ネクステッジテクノロジー社...

株式会社ネクステッジテクノロジー(本社:茨城県つくば市/代表取締役:坂本堪亮)は2018年10月18日、ADAS(先進運転支援システム)やパーソナルモビリティなどでの活用も想定した3Dセンサーを開発したと発表した。 ネクステッ...

三菱電機、自動運転で活躍する3D地図作成の新製品 「MMS-G」を2018年...

三菱電機株式会社(本社:東京都千代田/社長:杉山武史)は2018年10月9日、自動運転で活躍する3次元(3D)地図の作成などで活用される高精度3次元移動計測装置「三菱モービルマッピングシステム(MMS)」の新製品を12月25日に発売...

【最新版】自動運転に必須の7つの先端技術 認識・予測技術や位置特定技術、AI...

自動運転車の開発・実現に欠かせない必要な先端技術は、大きく分けて7種類あると言われている。この記事では、位置特定技術や認識技術、AI技術、予測技術、プランニング技術、運転手モニタリング技術、通信技術について、それぞれの技術が必要な理...

独ボッシュ、AI自動運転向け高精度地図スタートアップDeepMapに出資 L...

ドイツ自動車部品大手ボッシュ・グループ傘下のベンチャーキャピタル「ロバート・ボッシュ・ベンチャー・キャピタルGmbH」(RBVC)は2018年8月14日、自動運転車向けの高精度(HD)地図の開発を手掛けるスタートアップ企業「ディープ...

高速道の全データは3D地図化する メーカー共同出資DMP社、自動運転実現への...

自動運転や安全運転支援システムなどの実用化に欠かせない高精度3D(3次元)地図。その3次元地図が全国の高速道路などのデータを網羅し、さらなる進化と遂げようとしている。その重責を担うのが、高精度3次元地図のデータ整備に取り組むダイナミ...

寒冷地での自動運転の強い味方に 全国路面凍結マッピング、将来的にデータ提供へ...

路面の凍結情報を集約した全国路面凍結マッピングのベータ版の提供がこのほど、開始された。将来的には自動運転車への凍結情報のデータ提供を準備しているといい、寒冷地における自動運転車の強い味方となりそうだ。 この全国路面凍結マッピン...

AI研究のアセントロボティクスが11億円調達、自動運転実験や技術者採用など加...

人工知能(AI)テクノロジーの研究・開発(R&D)を手掛けるアセントロボティクス株式会社(本社・東京都渋谷区/代表取締役・石﨑雅之)は2018年3月、約11億円の第三者割当増資を実施したと発表した。この資金により、自動運転の...

自動運転車、英語で何と呼ぶ? 技術用語やキーワードの英語表記も紹介

自動運転技術は日本を含む世界各国で開発競争が繰り広げられている。自動運転レベルはアメリカの自動車技術会(SAE)の基準が世界標準になっていることもあり、日本のニュースでもカタカナ英語で技術用語やキーワードが伝えられることも多い。この...

自動運転レベル0〜5まで、6段階の技術到達度をまとめて解説

自動運転レベルは、人(運転手)と車(システム)が担う運転動作の比率や技術到達度、走行可能エリアの限定度合いなどによって、レベル0からレベル5の6段階に分類されている。 自動運転レベルは当初、「米運輸省道路交通安全局」(NHTS...