ドイツ

3兆円企業のIntel傘下Mobileye、欧州で自動運転展開へ認可取得

米インテル傘下で自動運転の技術開発を行っているイスラエル企業Mobileye(モービルアイ)は2023年1月16日までに、ドイツの路上で自動運転技術を試験運用する許可を得たことを発表した。 これにより、Mobileyeはドイツ...

MaaSとは?(2023年最新版)

「MaaS」(マース)という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2023年に入ってもその勢いは衰える...

テスラ車に脆弱性?重りで「ハンドルを掴んでいる」と偽装工作

米EV(電気自動車)大手テスラが関連する騒動がドイツで発生した。同社のADAS(先進運転支援システム)「Autopilot」を起動させたままドライバーが居眠りし、警察に追跡されながら車両は約15分間も走行し続けたという。 この...

米国勢、「初の自動運転レベル3」をメルセデスに奪われる展開

独ダイムラーの高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」は、米国で展開している車両に「自動運転レベル3」の機能を追加する。 2023年1月6〜8日に米ラスベガスで開催された技術見本市「CES 2023」で発表されたもので、自動運転レ...

自動配送ロボで80〜90%コスト削減!エストニア企業Clevonに注目

自動運転配送ポッドを開発しているエストニア企業Clevonは、米ダラスに研究拠点と米国本社をこのほど開設した。無人運転における「低コスト配送」を武器に、即日オンデマンド配達のニーズが高い米国で自動配送ビジネスに本格的に参入する。 ...

自動運転向けLiDAR開発の独Ibeo、債務超過で破産申請

自動運転のためのコアセンサーとして位置付けられるLiDAR。このLiDARを開発する独Ibeo Automotive Systems GmbHは2022年10月10日までに、ハンブルグの破産裁判所に破産を申請し、破産手続きの開始が認...

消えた運転席!次世代自動運転トラック、ドイツデビューへ

「フロントキャビン」がない自動運転トラックが近い将来、ドイツの公道を試験的に走行することになりそうだ。 フロントキャビン・・・・・・、つまり「人間が乗る運転席部分」がないトラックを開発しているのは、スウェーデン企業のEinri...

LiDARとは?読み方は?(2022年最新版)

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

「米国初」の自動運転レベル3、メルセデス濃厚

独メルセデス・ベンツが2022年内にも「自動運転レベル3」(条件付き運転自動化)の認証を米国内で得るため、規制当局に書類を提出・申請する方針であることが明らかになった。米メディアが2022年7月26日までに報じた。 ■2023年半...

ドイツの「自動運転法」解説(2022年最新版)

自動運転レベル4を可能にする通称「自動運転法」が2021年7月、ドイツで施行された。2022年2月には、同法を補足する条例も可決されたようだ。 世界で加速するレベル4実現に向け、先行するドイツの自動運転法とはどのようなものか。...