ティアフォー

5年後の日本、配送ロボが歩道を埋め尽くす懸念 Uber Eatsが口火

2023年4月に届け出制のもとサービス実装が可能になった自動配送ロボット。制度開始からまもなく1年を迎える。実用化をめぐる競争が激化すると思いきや、意外とおとなしい立ち上がりとなった。社会受容性などを背景に、各社とも様子見しているの...

バスから運転手さんが消える・・・!?いすゞ、自動運転化に挑戦

いすゞ自動車がレベル4の自動運転バスの開発に取りかかる。資本業務提携したティアフォーの技術を活用し、自動運転シャトルを開発する海外勢などに真っ向勝負を挑む。 いすゞと自動運転スタートアップであるティアフォーは2024年3月6日...

自動運転バスの事故、原因は「人間」 千葉県横芝光町で踏切遮断機と接触

自動運転バスの実証実験中に接触事故が発生した。ただし自動運転バスは「手動運転中」で、けが人や物損はないという軽微なものであった。 接触事故は、2024年3月7日に千葉県横芝光町での自動運転バスの実証実験中に起こった。JR横芝駅...

自動運転業界のスタートアップ一覧(2024年最新版)

AI(人工知能)やセンサーをはじめとした最新技術が結集する自動運転業界。新進気鋭のスタートアップも次々と登場し、業界を賑わせている。 この記事では、CASE(C=コネクテッド、A=自動運転、S=シェアリング・サービス、E=電動...

自動運転ベンチャー、未上場企業一覧(2024年最新版)

新興勢の台頭が著しい自動運転業界。開発から実用化のフェーズに移行し、米Aurora Innovationなどの先行勢は早々に株式上場を果たしている。 もちろん、スタートアップの多くは開発と実用化の状況を冷静に見極め、上場による...

トヨタ、Xデーは2月6日!?ついに自動運転技術を商用展開か

トヨタ自動車の2024年3月期第3四半期決算の発表が近づいてきた。2月6日に発表される予定だ。 2023年はグローバル販売・生産ともに過去最高を記録するなど業績面で文句はないものの、日野に続きダイハツ、豊田自動織機とグループ各...

注目の国産自動運転バス、価格は__万円!調べてみたら・・・

自動運転OSの開発を手掛ける日本のティアフォーが開発する自動運転バス「Minibus(ミニバス)」の販売がスタート。販売を手掛けるアイサンテクノロジーも、製品ホームページをこのほど公開した。 世界的に自動運転バスは欧州勢が強い...

国産自動運転バス、「国内最長」36kmを運行!WILLERとティアフォーが実...

新潟県佐渡市で、全長約36キロの「国内最長ルート」を自動運転するという実証実験が2024年1月12日〜21日に実施中だ。 自動運転サービス導入を見据えたもので、高速バス大手のWILLERと自動運転スタートアップであるティアフォ...

自動運転レベルとは?定義や実用化状況は?(2024年最新版)

自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2024年現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4の自動運...

自動運転タクシー、日本第1号は「米国から7年遅れ」濃厚に 最短で2026年か...

2025年をめどに50カ所で自動運転サービスを実現する目標を掲げる日本。目標達成に向け、各所で自動運転バス実用化に向けた取り組みが加速している。 一方、自動運転タクシーは遅れをとっている印象が強く、実現に向け継続的かつ大掛かり...