ソニー(Sony)

【対談】2020年代は「タクシー×データ」で革新が起きる!ウエスタンデジタル...

タクシーが「移動サービス」であることは誰もが知るところだ。ただそのタクシーが新たな役割を担うようになる。「データ収集車」という役割だ。さらに最近では、タクシーが新たな「広告媒体」としても注目が集まっており、タクシービジネスはいま大き...

2022年に7000億円市場の車載ディスプレイ、自動運転など見据え開発盛んに...

自動運転車やコネクテッドカーが当たり前となる時代には、車内の様相が大きく変わる。自動運転化によって誰も運転に関与する必要が無くなることから、乗員向けに情報を発信するツールがさまざまな形態で搭載されるようになる。 いまより多くの...

タクシー、配車アプリと相乗りアプリが連携!S.RIDE×AINORY、利便性...

ソニー系のみんなのタクシー株式会社(本社:東京都台東区/代表取締役:西浦賢治)とタクシー相乗りマッチングアプリなどを手掛ける株式会社ジクウ(本社:愛知県名古屋市/代表取締役:中川裕己)は2020年2月28日までに、タクシー配車アプリ「S.R...

みんなのタクシー、名古屋地域でタクシー配車アプリ「S.RIDE」のサービス提...

ソニーや東京都内のタクシー事業者などによる合弁会社のみんなのタクシー株式会社(本社:東京都台東区/代表取締役:西浦賢治)は2020年2月20日、名鉄タクシーホールディングス傘下のタクシー事業者会社6社とともに、タクシー配車アプリ「S...

自動運転技術@CES 2020、ことごとくNVIDIAの技術が関わっていた

米半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)は近年、「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)領域における技術のプロバイダーとして、その地位を徐々に確立させつつある。 米ラスベガスで2020年1月7〜10日に開...

センサー市場過熱、HMI超進化…2020年の潮流が見えた!自動運転やコネクテ...

海外ではCES 2020、国内ではオートモーティブワールドと、年明けを賑わす先進技術の見本市が2020年も盛大に開催された。 自動運転関連技術も多数出展された両展示会を通し、自動運転業界における2020年の展望を探ってみよう。...

AI自動運転時代は車のサンバイザーも進化!サイヤ人の「スカウター」的になる!...

ドイツ自動車部品大手ボッシュが液晶ディスプレイとカメラで構成された革新的なサンバイザー「バーチャルバイザー」をCES 2020で発表した。自動車の誕生以来、長らく大きな進化のなかったサンバイザーにも次世代技術が搭載される時代がやって...

CES 2020、”車の発表”は既にOEMの専売特許...

自動車を発表するのはもはや完成車メーカー(OEM)だけではない——そんなことを改めて感じさせた。 ソニーはこのほど、2020年1月7日に開幕した世界最大の技術見本市「CES 2020」の会場で自動運転車の「試作車」を発表し、大...

業界人必見!CES 2020で発表された自動運転トピックス16選

世界最大の技術見本市「CES 2020」がプレイベントを含めて今年も米ネバタ州ラスベガスで始まった。モビリティ関連では自動運転技術やセンサー技術、AI(人工知能)技術など、世界の各企業が自慢の先端テクノロジーを紹介している。(CES...

最大手JapanTaxi、「900万ダウンロード」突破の貫禄 タクシー配車ア...

JapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:川鍋 一朗)が展開するタクシー配車アプリ「JapanTaxi」が、900万ダウンロードを突破したようだ。同社が2019年12月17日までに発表している。また法人向けサ...