スマートフォン

農機の世界最大手ディア、「完全自動運転型」の量産スタートへ

世界最大の農機メーカーの米Deere & Company(ディア・アンド・カンパニー)は2022年1月10日までに、完全自律走行型のトラクターを市販向けに量産する予定であることを発表した。世界最大の技術見本市「CES 202...

中国のスマホ大手シャオミ、2024年にEVを生産開始

中国スマートフォン大手Xiaomi(小米科技/シャオミ)のレイ・ジュンCEO(最高経営責任者)は2021年12月31日までに、2024年にEV(電気自動車)の生産を開始すると発言した。中国メディアが報じた。 シャオミに関しては...

スマホの位置情報で「次世代型スタンプラリー」!MaaSと相性抜群

スタンプブックを片手に観光地を巡る……。これが従来のスタンプラリーのごくありふれた光景だ。しかし昨今の技術革新によって、こうした光景が過去のものになるかもしれない。 JR西日本とギックスは2021年11月17日までに、観光型M...

自動運転は目前!?トヨタLEXUS、新型NXの高度運転支援技術は?

トヨタは2021年10月、次世代レクサスの幕開けを象徴する第1弾モデルとして新型「NX」の発売を発表した。電動化ビジョンのもとレクサス初のPHEVを導入し、HEVとともに電動車の普及を加速させていく方針だ。 ADAS(先進運転...

日本初!自動配送ロボットが車道走行 京セラ子会社、北海道で実証実験

京セラ子会社の京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都府京都市/代表取締役社長:黒瀬善仁)は2021年8月24日までに、自動配送ロボットのシェアリング型配送サービスの実証実験を、北海道石狩市の石狩湾新港地域の車道で開始し...

自動運転の無人交番、日本の三笠製作所が開発!ドバイ万博に納車

制御盤の設計・製造などを手掛ける株式会社三笠製作所(本社:愛知県犬山市/代表:石田繁樹)は2021年8月9日までに、ドバイ警察と共同開発を進めていた世界初の移動式交番「SPS‐AMV」(Smart Police Station-Au...

「高層ビル×直営コンビニ」、自動運転宅配の普及で最有力!

実用化に向けた取り組みが加速する自動走行ロボット。公道を使用した実証もスタートしているが、いち早く普及し始めるのは高層ビルなどを舞台とした屋内向けと思われる。 この記事では、高層ビルにおける配送ロボットの商機や、サービス対象と...

期待大!Yperが「置き配×自動配送ロボット」で物流課題に挑む

広島県を舞台にしたアクセラレーションプログラム「D-EGGS PROJECT」において、物流系ITスタートアップのYper株式会社(本社:東京都渋⾕区/代表取締役:内⼭智晴)が提案したAMR(自動配送ロボット)を使うプロジェクト案が...

自動運転EVはファブレス時代に!中国ではシャオミが有力?

スマートフォンメーカーとして知られる中国のXiaomi(小米科技/シャオミ)が、電気自動車(EV)分野への参入を表明した。事業は子会社が運営し、初期投資として100億元(約1,670億円)が投じられるほか、今後10年間で計100億ド...

Afterコロナの地方観光活性化、「MaaS推進」が重要施策に!

コロナ禍が収束した「アフターコロナ期」においては、国は地方観光の復活に向け、さまざまな需要喚起策を展開するものとみられる。ただし、長い目でみればこうした需要喚起策の効果は一時的なものだ。そこで重要となってくるアクションが、観光Maa...