スマートフォン に関する記事

スマホ使わずトヨタ車でLINE MUSIC!事故防止に効果てきめん

4900万曲以上が聞き放題の音楽ストリーミングサービスを展開するLINE MUSIC株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:舛田淳)は2018年12月16日までに、トヨタの「スマートデバイスリンク(SDL)」対応車載器との連携...

スマートバリュー、車両のサービス化推進プラットフォーム「Kuruma Bas...

クルマのコネクテッド関連事業を手掛ける株式会社スマートバリュー(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:渋谷順)は2018年12月14日、車両のサービス化推進プラットフォーム「Kuruma Base(クルマベース)」の提供を2019年5...

「自動運転×タクシー業界」の最新動向は? グーグルの事業展開や日本における取...

アメリカで2018年12月にドライバーが不在でも運行可能な自動運転タクシーが誕生した。米国に後れを取っているものの、日本国内でも営業走行による実証実験がすでに行われており、2020年の実用化を目指す動きがある。普及には時間がかかるか...

Automagi社、AI映像解析で運転中の居眠り検知 NTTドコモの開発を支...

AI(人工知能)関連事業などを手掛けるAutomagi株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:櫻井将彦)は2018年12月9日までに、運転車の映像を解析して居眠りを検知するシステムの開発をサポートしたことを発表した。 このシステ...

グーグル系ウェイモの自動運転タクシー、米アリゾナ州で商用サービス開始

米グーグル系の自動運転開発企業であるウェイモは2018年12月5日、米アリゾナ州フェニックスで自動運転タクシーの有料商用サービス「ウェイモワン」を開始したと発表した。 人が運転に関与する必要が全くない自動運転レベル4(高度運転...

ウーバー、他社のタクシー配車システムと連携 日本初、ソフトバンクグループのリ...

ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:酒谷正人)が手掛けるタクシー配車管理システム「SMART」と、名古屋でタクシー配車サービスを開始しているウーバーのシステムが、201...

東京都、タクシーの多言語対応・決済端末導入で補助金 観光客受け入れ整備の一環...

東京都と東京観光財団は2018年11月25日までに、タクシー事業者向けの多言語対応端末導入補助事業を開始すると発表した。 外国人旅行者の受け入れ環境を整備するための取り組みの一環で、多言語対応で決済にも活用可能なタブレット端末...

中国ファーウェイ、独アウディと自動運転レベル4の走行実験に成功 ボッシュとも...

中国通信機器メーカー大手の華為技術(ファーウェイ)が自動運転事業を加速させている。ドイツ自動車メーカー大手アウディと自動運転レベル4(高度運転自動化)の走行実験を成功させており、2018年11月18日までに、自動車部品世界大手の独ボ...

早く来たTaxiだけに乗車 配車アプリ複数使う”裏技”...

複数の配車アプリを使ってタクシーを呼び、一番早く到着したタクシーに乗って他はキャンセル——。日本国内でタクシー配車アプリの数が増える中、こうした使い方をするユーザーが目立つようになり、タクシー業者が悲鳴をあげている。 デン...

Over The Air(OTA)技術とは? 自動運転車やコネクテッドカーの...

コネクテッドカーの登場により自動車業界で飛躍的に注目度が高まっている「OTA(Over the Air)」。聞きなれない言葉かもしれないが、スマートフォンなどで当たり前に使用されている技術で、自動車への普及も今後加速度的に進んでいく...