アンケート

西日本鉄道、中型自動運転バスの実証開始へ 信号と無線通信、交差点での危険予測...

西日本鉄道と西鉄バス北九州は2020年10月12日までに、北九州エリアにおいて中型自動運転バスの実証実験を10月22日から11月29日にかけて実施すると発表した。GPSの電波が届きにくい区間では「磁気マーカー」を使い、安定した自動運...

あの映画の影響…!?空飛ぶクルマの認知度、「70代以上」首位

リスクコンサルティング会社のMS&ADインターリスク総研(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:中村光身)は2020年10月11日までに、「空飛ぶクルマの社会的受容性等に関する調査」を実施し、その結果を発表した。 この調査は、空飛ぶク...

課題を洗い出し!全国のMaaS実証、参加者の感想から成功の鍵を探る

経済産業省と国土交通省が主体となって進めている「スマートモビリティチャレンジ」の2019年度におけるパイロット地域の取り組み状況が公表されている。 全国各地でさまざまな形のMaaS実証が行われ、一定の成果を得たようだ。都市部で...

日本人が「いま必要だと思うロボット」、将来は自動運転化で進化!?

引越サポートを手掛ける引越革命株式会社(本社:大阪府東大阪市/代表取締役:藤枝勲)はこのほど、全国20~50代の男女1185人を対象に「ロボットと革命に関する調査」を実施し、その結果を発表した。 発表内容によれば、商品配送ロボットなど...

「自動運転」関心層は46%、「カーシェア」認知度は上昇 自動車工業会が調査結...

日本自動車工業会は「2019年度乗用車市場同行調査」を2020年4月11日までに公表した。乗用車ユーザーの利用意向やクルマに対する意識などについても調べられており、今回の記事ではこの調査の中から「自動運転」「コネクテッド」「カーシェ...

自動運転への不安、「誤作動」が最多83.1% バス無人化に期待感

自動運転に不安を感じていることや自動運転技術を導入してほしい乗り物、などについて聞いたアンケート結果を、総合旅行サイトを展開する株式会社エアトリ(本社:東京都港区/代表取締役社長:柴田裕亮)が2020年4月5日までに発表した。 このア...

舞台は「池袋」!自動運転バス実証、社会受容性アップに期待

国土交通省は2019年12月13日と14日の2日間、都市部における自動運転バスの導入可能性や課題などの検証を目的として、東京都の池袋において自動運転バスの実証実験を実施すると発表した。今年2月に同実験を実施予定としていたが、当時は実験車両の...

対照的!認知度、B2Cカーシェア89%、ライドシェア15% MaaSの肝「シ...

駐車場事業やカーシェア事業を展開するパーク24株式会社(本社:東京都品川区/社長:西川光一)は2019年11月11日までに、「移動に関連するシェアリングサービス」のアンケート調査を同社の会員制サービス「タイムズクラブ」の会員向けに実施し、そ...

自動運転車、「将来購入を検討する」48% 世界10カ国での調査

フランスの市場調査機関Ipsos(イプソス)は2019年10月31日までに、自動運転に関連する調査結果を公表した。日本や中国、アメリカなど10カ国の新車購入者2万人以上を対象に実施した調査で、自動運転車に関する知識や関心について調べ...

自動運転のアクセプタンス(受容性)向上の鍵は「モニター参加」にあり(特集:自...

「パブリック・アクセプタンス」という言葉をご存じだろうか。住民の理解や合意を得ることを指す言葉で、直訳すると「社会受容性」となる。空港やごみ処理場といった社会的影響が多い施設を建設する際などに、周辺住民らの理解を事前に得るために用い...