豪州に”スマートバス停”登場 自動運転バスOlliの相棒、広告配信も!?

米企業が開発、実証実験中


(左)スマートバス停の中に設置されているモニター(右)スマートバス停の外観=出典:SAGEオートメーション社プレスリリース

世界でもまだ類を見ない「スマートバス停」が、オーストラリアで活躍中だ。

このスマートバス停は、米企業のSAGEオートメーションが開発している次世代型のバス停で、タッチスクリーンのモニターや質疑応答も可能なIBMの人工知能(AI)「ワトソン」も搭載されている。







オーストラリアでは現在、米ローカル・モーターズ社が開発している自動運転シャトル「Olli」の実証実験が進められており、この実証実験で使用されているのが前述のスマートバス停(名前はマチルダ)だ。

バス停と自動運転シャトルがクラウドでつながっており、バス停のモニターにはOlliの現在の居場所などが表示される仕掛けになっている。モニターには地域情報などや現在時刻なども表示されるようだ。

バス停はこれまで、情報発信の場として認識されて来なかった。しかしバス停にモニターがあれば、人がそこでバスを待っている時間をチャンスととらえ、モニターに広告を配信しようという企業も今後出てくるかもしれない。そう考えれば、スマートバス停の持つ可能性は無限大だ。

この実証実験は2019年1月から7月まで南オーストラリア州の海外沿いの地区グレネルグで行われている。日本でもいずれスマートバス停を開発する企業が出てくる!?







関連記事