ヤマハ発動機、DMPと業務資本提携 AI領域強化、自動運転システムの共同開発も

農業領域も対象分野





ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市/代表取締役社長:日髙祥博)は2019年5月15日までに、AIコンピューティング分野に強みを持つ株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区/代表取締役社長CEO:山本達夫)=DMP=との業務資本提携に関する契約について発表した。







ヤマハ発動機は業務資本提携をきっかけに、製品の自動化に向けた知能化技術(AI)の開発力強化に一層努め、低速度領域における自動・自律運転システムの開発などに共同で取り組む。主な業務提携内容としては下記の5点が挙げられている。

  • AI技術応用によるアルゴリズム開発から製品搭載に至る最終製品化プロセスにおける協業
  • 低速度領域における自動・自律運転システムの開発
  • ロボティクス技術を活用した農業領域等における省力化・自動化システムの開発
  • モビリティ製品全般に向けての先進安全運転支援システムの開発
  • 当社からの取締役の派遣

発表によれば、ヤマハ発動機はDMPが発行する第三者割当による新株式の引き受けを行い、DMPの筆頭株主となる。DMP社は2002年創業で、 GPU(画像処理半導体)やAI関連のIPコアライセンス事業やプロフェッショナルサービスの提供のほか、半導体・モジュールの開発・販売などを手掛けている。







関連記事