トヨタ自動車、JAXAに協力してAI自動運転技術を宇宙で提供へ

「有人与圧ローバ」に搭載、2029年打ち上げか





トヨタの寺師副社長名で公表されている「国際宇宙探査への貢献」と題した資料の1部=出典:トヨタ社プレスリリース

トヨタ自動車の自動運転技術が宇宙探査に活かされる日がやってくる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年3月12日、トヨタ自動車と国際宇宙探査ミッションで協業の可能性を検討していくことに合意したと発表した。

まず、共同で検討してきた月面向け有人探査モビリティ「有人与圧ローバ」についての協力を深化させる。このモビリティではトヨタの燃料電池車(FCV)技術を用いることが検討されており、トヨタの寺師茂樹副社長の資料によれば、自動運転やコネクテッド技術なども搭載していく計画のようだ。







JAXAとトヨタが検討を進める「有人与圧ローバ」については、大きさはマイクロバス約2台分ほどの「6.0m(全長)×5.2m(全幅)×3.8m(全高)」、居住空間は13平米(4畳半ワンルーム程度)、2人が滞在可能とするコンセプト案が発表されている。

JAXAの若田光一理事は「有人与圧ローバは、2030年代に想定している有人月面探査を支える重要な要素で、2029年の打上げを目指しています」としている。







関連記事