東京都の「起業家を世界へ」事業、MaaSスタートアップも採択

タクシー相乗りアプリのNearMeなど10社





出典:東京都公式サイト

東京都は2019年8月8日までに、都内起業家の世界展開を後押しするプログラム「X-HUB TOKYO GLOBAL STARTUP ACCELERATOR」において、第1期モビリティコースの採択企業10社が決定したと発表した。

今回選定された企業の中にはMaaS関連や運転支援関連の注目企業も含まれている。例えば株式会社NearMeは、タクシー相乗りアプリ「nearMe.(ニアミー)」を展開しており、同じ方向に行きたい人同士でタクシーに相乗りできるようにしている。







Kenpal株式会社は脳波で眠気を感知する居眠り運転防止サービス「ドライブスコア」を開発している。運転者や運行管理者へのアラート機能が備わっていることなどが特徴だ。株式会社ナイトレイはデータの利活用に強いスタートアップ企業で、MaaS推進支援サービス「mobility insight(仮称)」を開発している。

これらの企業を含めた10社は以下の通り。

●株式会社MUJIN(滝野一征)
MUJINコントローラによる物流製造ロボットソリューション
●株式会社ホロラボ(中村薫)
Mixpace:3D設計データのMR化サービス
●NearMe,Inc.(髙原幸一郎)
同じ方向に行きたい人同士が見つかる、タクシー相乗りアプリ
●株式会社エイシング(出澤純一)
独自開発の機械制御用 EdgeAI アルゴリズム
●AC Biode(久保直嗣)
The world’s first-AC battery
●株式会社ナイトレイ(石川豊)
Maas推進支援サービスmobility insight(仮)
●株式会社タグキャスト(鳥居暁)
次世代ドライブスルー for コネクティッドカー
●Kenpal株式会社(飯田貫)
「ドライブスコア」脳波で眠気を感知し、居眠り運転を防止
●株式会社Enhanlabo(座安剛史)
メガネのプロにしかできないウェアラブル「b.g.」
●EAGLYS株式会社(今林広樹)
データを暗号化したまま集積・分析・AI処理するデータ基盤







関連記事