カーシェア大手タイムズ24、EV車両100台の導入を決定

関東圏から展開、その後、大阪でも





パーク24傘下のカーシェアリング大手・タイムズ24株式会社(本社:東京都品川区/社長:西川光一)は2019年6月26日、EV(電気自動車)カーシェアの運用体制を構築するため、2019年8月から半年間でEV車両100台を導入することを決定したと発表した。







EVシフトは環境負荷の低減に向け、日本を始め各国の政府が推進している。タイムズ24の今回の動きはこうした流れも考慮したもので、同社はこれまでにも自治体やメーカーと連携してEVカーシェアの取り組みに力を入れてきた。

まず東京都と神奈川県、埼玉県で導入し、その後、大阪府などを含めて全国に広める予定。同社は「配備場所は、短時間利用ニーズの多いエリアや、一次交通との組合せ利用(レール&カーシェア)のニーズが高い駅近くを予定しています」としている。







関連記事