仙台圏で「観光型MaaS」構築へ JR東日本と地元が連携

情報検索や予約・決済のシームレスな仕組みへ





東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)と宮城県、仙台市は2019年6月9日までに、仙台圏における観光型MaaSの構築に向けて連携すると発表した。

仙台圏を訪れる観光客に対し、交通や観光・宿泊施設、飲食店などの情報の検索や予約・決済をシームレスに行えるMaaSの仕組みを提供できれば、観光事業の活性化が期待できる。こうした仕組みの構築に向けて三者で検討と実証実験を重ねる。







具体的には2021年4~9月に開催される「東北デスティネーションキャンペーン」での活用を目指す。まず検討会を立ち上げ、実証実験に参画を希望する企業や団体を広く募るという。

仙台圏での「観光型MaaS」のイメージ図=出典:宮城県プレスリリース







関連記事