OKI、自動運転向け道路インフラシステムのシミュレーション技術を開発

高速道での円滑な合流など検証可能に





沖電気工業株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:鎌上信也)=OKI=は2019年9月4日、自動運転実現に向けて開発が進められている路側センサーや路車間通信装置などの道路インフラシステム向けに、シミュレーション技術を開発したことを発表した。

このシミュレーション技術は、設置条件の検討や運用効果の測定などに活用でき、同社は「高速道路などの自動運転車の合流地点において、実道路に設置する道路インフラシステムの導入効果を事前に確認できます」と説明している。







簡単にいえば、このシミュレーション技術を使えば道路環境やセンサー・通信機器の性能などに合わせて最適な設備の設置を目指すことができるというものだ。

同社は報道発表で下記の図を紹介し、道路インフラシステム導入による車両挙動変化のシミュレーション結果例について解説している。詳しくは同社の「プレスリリース」も参照。

出典:沖電気工業プレスリリース







関連記事