MPソリューション、KAZAPiのタクシー向け端末が全交通系ICカードに対応と発表

AlipayやWeChat Payにも対応予定


出典:エム・ピー・ソリューション社プレスリリース

決済事業を手掛ける株式会社エム・ピー・ソリューション(本社:東京都港区/代表取締役:佐藤栄治)は2018年12月6日、同社のマルチ電子マネー決済ソリューション「KAZAPi(かざっぴ)」のタクシー向け端末が、新たに全ての交通系ICカードに対応したことを発表した。

既に国内の主要なクレジットカードにKAZAPiのタクシー向け端末は対応しており、事業者が導入することによってタクシーのキャッシュレス化が進むことが見込まれる。同社は「タクシーメーターとの金額連動の機能も近日中に実装予定」としている。







今後はAlipay(アリペイ)やWeChat Pay(ウィチャットペイ)への対応を予定しているほか、2019年前半からはVisaのタッチ決済やマスターカードの非接触決済(コンタクトレス)にも対応する予定のようだ。







関連記事