タクシー配車アプリMOV、いよいよ大阪・京都に上陸!DeNAが運営

「AI探客ナビ」、2019年内に神奈川で導入





出典:DeNAプレスリリース

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区/代表取締役社長兼CEO:守安功)=DeNA=は2019年7月8日、タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」のサービス提供を同日から大阪府と京都府で開始したと発表した。

MOVは旧称の「タクベル」時代である2018年4月に神奈川県でサービス提供を開始し、2018年12月からは東京都でも利用可能になった。大阪府ではタクシー事業者3社、京都府では9社と提携してサービスの提供を開始し、兵庫県でも2019年秋ごろから利用可能になる予定だという。







同社は今回の提供エリアの拡大に合わせ、タクシー1カ月無料クーポンなどが当たるキャンペーンを大阪市と京都市内で実施する。「MOV」のラッピングタクシーを見つけてTwitterに投稿するという形で応募するものだ。そのほかアプリでキャンペーンタクシーを配車できると無料で乗車できるキャンペーンも行う。

同社は報道発表で、AI(人工知能)で乗客を探す「AI探客ナビ」を2019年内にスタートさせることも発表している。このAI探客ナビを使うとタクシー運転手は効率的に乗客を探すことができるとされ、まず神奈川県で提供開始予定だという。







関連記事