鉄道×カーシェア、「お茶の京都」観光の新潮流!? MaaS化でもっと便利に

京都府とJR西日本、タイムズ24が連携





京都府と西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)、タイムズ24の3者が連携協定を締結し、京都府南部の「お茶の京都」エリアで「観光周遊カーシェアリング事業」を2019年6月3日から開始する。駅から観光施設までの移動手段を充実させ、エリア内の観光・周遊を促進する新たなMaaS事業だ。







JR宇治駅と近隣のカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」を組み合わせ、より便利な移動手段を観光客に提供する。同サービスの利用促進に向け、「レール&カーシェア」と「ドライブチェックイン」の2つの施策が用意されるという。

レール&カーシェアでは鉄道(JR)とカーシェアを組み合わせ、観光客の利便性の向上などを図る。JR西日本が発行するICカード乗車券「ICOCA」を事前に登録することで、カードを使ってカーシェア車両の解錠(施錠)が可能となるという。

ドライブチェックインでは、「ドライブチェックインの目的地に設定した後カーシェアでその施設を訪れ30分以上の駐車した方」を対象に、タイムズカーシェアで次回以降に利用できる電子優待券「30分カーシェアeチケット」が付与されるという。







関連記事