【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平が、群馬大学で国内・世界の自動運転への取組みについて解説しました

2021年4月19日(月)の研究会で



自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平は2021年4月19日(月)に、群馬大学に設置されている「群馬大学次世代モビリティオープンイノベーション協議会」の研究会で講演しましたので、お知らせいたします。







下山は、Zoomを使ってウェブ開催された「第13回製造・生産システム研究会」において、「国内、世界の自動運転への取組み -最新の潮流を解説-」と題して講演を行いました。同研究会には研究会会員など約40人が参加しました。

研究会では「自動運転に今と未来」などをテーマとしたパネルディスカッション(モデレーター:協議会代表幹事・小木津武樹氏)も行われ、下山は国立研究開発法人「産業技術総合研究所」の加藤晋氏とともに、パネラーとして参加しました。

群馬大学次世代モビリティオープンイノベーション協議会は「要素技術開発研究会」「製造・生産システム研究会」「社会実装連携研究会」という3つの研究会が設置されています。

今回下山が登壇した「製造・生産システム研究会」は、次世代モビリティに関連した部品・製品の製造が可能な大学・企業などで構成され、次世代モビリティの製作・製造を推進するための検討を行うことが目的とされています。

ちなみに下山は2019年12月17日(火)に、社会実装連携研究会でも講演を行っています。

下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事