タクシーサイネージ広告「GROWTH」、来年1〜6月枠の受付開始へ

東京のビジネスパーソンに「広く深く」





出典:ニューステクノロジープレスリリース

PR広告大手ベクトルの子会社である株式会社ニューステクノロジー(本社:東京都港区/代表取締役:三浦純揮)は2019年10月7日、タクシーサイネージサービス「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」における2020年1〜6月分の広告枠の受付をスタートすると発表した。

2020年1〜6月分の広告枠の受付は11月5日の午前10時から開始する。報道発表によれば、サイネージの設置台数は東京都内で最大規模となる約1万台で、「ビジネスパーソンを中心に、タクシーというプライベート空間にて、広告情報を広く深く届ける事を可能にします」としている。







同社は今回の発表の中で、10月からタクシー大手のエムケイとともに、京都と名古屋、札幌、滋賀のタクシー1000台のサイネージ端末と連携することも明らかにしている。







関連記事