車中泊できる車両に特化したカーシェアが登場!Carstayが提供開始へ

ドライバーと車両の事前登録も開始へ





出典:Carstay社プレスリリース

乗用車やSUV(多目的スポーツ車)など、いわゆる普通の自動車のカーシェアサービスは最近増えているが、車中泊仕様の車両に特化したシェアサービスというのは聞いたことがあるだろうか!?

車中泊スポットなどのシェアサービスを展開するCarstay株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役:宮下晃樹)は2019年9月13日、車中泊ができる車両をシェアする新サービス「バンシェア」の提供をスタートすることを発表した。







サービスの提供は10月下旬からスタートする予定。登録できる車両の最低条件について同社は「荷台や後部座席で大人1名以上が快適に車中泊できること」としている。車両の登録は無料だという。サービス提供の開始に先立ち、9月20日から車両とドライバーの事前受付を開始する。

同社はこのシェアサービスをローンチした背景として、車中泊が可能なキャンピングカーなどは年間を通じてあまり使われる日数が少ないことを挙げている。もし使っていない期間をシェアサービスで貸し出して収入を得ることができれば、キャンピングカーの維持にかかる費用を結果的に軽減させることができる。

同社は今回発表したバンシェアサービスにおける登録台数を、2020年3月末までに100台に到達させることを目指すとしている。

【参考】関連記事としては「「バンを家に」のCarstay、MONETコンソーシアムへ参画」も参照。







関連記事