自動運転レベル4向けタイヤの空気圧を遠隔監視 住友ゴムと群馬大CRANTS

BLE技術とコネクテッド技術を使い





住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市/社長:山本悟)は2019年11月28日、自動運転レベル4(高度運転自動化)に対応したタイヤの空気圧を遠隔でモニタリングできる仕組みを構築したと発表した。

同社は群馬大学の次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)とともに自動運転車向けのタイヤ関連サービスの研究に取り組んでいる。今回の仕組みは、タイヤの空気圧データをCRANTSの自動運転管制所と連携させることで実現した。







具体的にはタイヤ内に設置されたシステムから近距離無線技術「ブルートゥース・ロー・エナジー」(BLE)で自動運転車の車載システムに空気圧のデータを送り、そこからCRANTSの自動運転管制所にコネクテッド技術でデータを送る形だという。

出典:住友ゴム工業プレスリリース

住友ゴム工業は報道発表で「車両が無人の場合でも遠隔でタイヤ空気圧のモニタリングが可能となり、自動運転車におけるパンクなどを想定したタイヤトラブルの予知保全に貢献します」としている。今後は空気圧の異常で発生するトラブルに対処するサービス体制を構築していくという。







関連記事