アイサンテクノロジー、岐阜初の自動運転実験に協力

自動運転の認知度向上が目的のイベントで





測量ソフト開発のアイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:加藤淳)は2019年11月17日までに、岐阜県の岐阜市内での初めての小型自動運転車両の走行実験への協力について発表した。

同社が協力する自動運転車両の走行実験は、自動運転車両の認知度向上を目的として、公園内で市民に自動運転技術に触れてもらう機会として岐阜市が主催するもの。アイサンテクノロジー社の調査支援業務委託の受注者であるオリエンタルコンサルタンツとの取り組みだ。







アイサンテクノロジー社が高精度3次元(3D)地図データの提供や車両提供、車両走行などを、オリエンタルコンサルタンツは業務全体の管理運営を担当。岐阜市では来年以降、公道での自動運転実証実験も段階的に始めていくという。

今回の実証実験での使用車両は、アイサンテクノロジー社をはじめとする複数の企業が共同開発した「Milee(マイリー)」。マイリーは搭載された自動運転ソフトウェアと事前に作成した3Dマップにより、自車位置の推定や周囲の環境を検知し、障害物を回避するなどの自動運転を可能にするものだ。

Milee=出典:アイサンテクノロジー社プレスリリース

アイサンテクノロジー社は、他にも複数の実証実験への参加実績がある。

最近では、愛知県の「愛・地球博記念公園」でのNTTドコモとのエンタメ体験型の移動を目的とした自動車両の実証実験や、東京臨海部で2019年10月15日から始まった交通インフラ整備を目的とした自動車両の実証実験にも参加し、業界で存在感を強めている。







関連記事