AI位置情報分析のレイ・フロンティア、三井物産から3億円資金調達

複合モビリティサービス分野に注力へ





握手するレイ・フロンティア株式会社代表取締役の田村建士氏(左)と三井物産株式会社モビリティ第一本部交通プロジェクト部部長の野瀬道広氏(右)=出典:レイ・フロンティア社プレスリリース

人工知能(AI)を活用した位置情報分析プラットフォームを開発・提供するレイ・フロンティア株式会社(本社:東京都台東区/代表取締役CEO:田村建士)は2019年2月26日までに、三井物産株式会社を割当先とする3億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

レイ・フロンティアが開発するのは、AIを活用した行動情報の分析・調査プラットフォーム「SilentLog Analytics/SDK」や、モビリティ分野に機能を特化させた「モビリティ・フロンティア」などだ。







同社は発表で、複合モビリティサービス分野への展開を進めるとしている。具体的には、利用者の行動特性に応じたモビリティサービスの提供や、複数交通手段のシームレスな連携などを事業として手掛けていくという。

同社は2008年5月設立。新メンバーの募集についても発表しており、エンジニア職のほか、現在、技術セールスやデータアナリスト職も募集しているという。







関連記事