「追越し違反」と同じ9000円!自動運転の反則金、政府が閣議決定

2020年5月までに施行





出典:首相官邸公式サイト

政府は2019年9月20日、改正道路交通法の施行令を閣議決定した。

条件を満たさずに自動運転システム(レベル3)を使用した場合などの反則金などについて定めている。反則金は普通車が9000円、大型車が1万2000円となり、違反点数は普通車の場合でも大型車の場合でも2点となる。この施行令は2020年5月までに施行される予定。







対象となる違反行為は、速度や天候などの使用条件を満たしていない場合や、自動運転システムの作動に関するデータが正常に記録できない場合にも関わらず、自動運転システムに運転を委ねる行為。

ちなみに普通車において反則金9000円で違反点数2点の交通違反といえば、現行の道路交通法では「追越し違反」や「踏切不停止」などが該当する。







関連記事