トヨタ紡織、自動運転ベンチャー・ティアフォーと協業 東京ゲームショウでVRコンテンツ提案

マップデータやAR情報を活用


出典:トヨタ紡織

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:沼毅)は2018年9月18日、千葉県の幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2018」(9月20〜23日)に初出展し、「VR(仮想現実)ドライブを楽しむ移動空間」についての提案・展示を行うと発表した。

トヨタ紡織は自動車用シートや内装部品を開発・製造するトヨタグループの企業。東京ゲームショウ2018には、自動運転ベンチャーの株式会社ティアフォーと株式会社シナスタジアとともに出展する。







東京ゲームショウではVRゴーグルを使った体験会を実施する。発表によれば、VRゴーグルを装着すると会話を楽しみながらドライブ感覚で楽しめるエンターテイメント空間に没入でき、走行案内をするアニメキャラクターも現れて、現実と異なる時間や景色を楽しめるという。

同社は報道発表で「自由自在なシートレイアウトと大型ウィンドウをいかした開放的な空間で、乗員の動作やVR映像と連動した照明、音響、振動などで感動を増幅させ、移動する楽しみを創出します」としている。

トヨタ紡績はティアフォー社とともに、マップデータやAR(拡張現実)情報を活用したエンタメコンテンツの開発に取り組んできた。シナスタジア社はその開発環境をコンテンツメーカーに提供することを担当している。







関連記事