NTTデータ、自動運転移動サービスの実証実験 豊洲の公道、将来はレベル4目指す

群馬大学や大和自動車交通と実施


出典:NTTデータ社プレスリリース

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区/代表取締役社長:本間洋)は2018年9月14日、東京都江東区豊洲の公道で住民参加型のオンデマンド自動運転移動サービスの実証実験を開始した。

実証実験は群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)と大和自動車交通株式会社とともに、豊洲進出企業によって組成された「豊洲コンセプト委員会」の取り組みとして実施されるもの。14〜16日の3日間連続して行う。







具体的には自動運転車両3台を使い、「東京メトロ有楽町線豊洲駅」「アーバンドックららぽーと豊洲」「豊洲地区のマンション」を乗降地点にそれぞれを結ぶ3つのルートを走行する。乗客は決められた走行時間内でいつでも配車依頼が可能で、走行中の遠隔監視なども行う。

報道発表で同社は「2020年までに自動運転レベル4(高度運転自動化)の技術を用い、地域住民のニーズに応じた新しい移動サービスの提供を目指します」としている。







関連記事