ソフトバンクロボティクス、自動運転清掃ロボット「Whiz」を発表 Pepperに次ぐ2種類目

センサーで障害物回避して走行可能


自動走行清掃ロボットの「Whiz(ウィズ)」=出典:ソフトバンクプレスリリース

ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長兼CEO:冨澤文秀)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長執行役員兼CEO:宮内謙)は2018年11月19日、人型ロボット「Pepper」に次ぐ第2弾となるロボットを発表した。その名は「Whiz(ウィズ)」。床清掃を担う自動運転ロボットだ。

  1. Hakobot社の自動運転配送ロボット、「ホリエモン祭in名古屋」でお披露目
  2. 米スターシップ・テクノロジーズ、イギリスで自動運転ロボットによる商品配送スタート
  3. ソフトバンク子会社とココネット、札幌で人追従・自動運転の配送ロボット実験
  4. 白線ロボットや動くイス… 自動運転はクルマだけじゃない!

Whizはオフィスや業務フロア向けに開発され、2019年2月から申込受付を開始し、3月から正式に月額2万5000円でレンタルが可能となる。Whizのサイズは全長455ミリ、全幅474ミリ、全高653ミリ。同社は「コンパクトなサイズのため小さい部屋などでも小回りよく清掃できる」としている。最高走行速度は約2.5キロ。







発表によれば、Whizは自動運転清掃・洗浄機向けサービス「AI清掃PRO」の対応機種。AI清掃PROはソフトバンクが出資した米スタートアップ企業のブレインコーポレーションが開発した自動運転技術「BrainOS」を搭載している。

最初にWhizを手押しして清掃ルートを記憶させると、以降はスタートボタンを押すだけでそのルートを自動運転で掃除をする。ルート上に人がいたり障害物があったりしても、センサーが探知して回避しながら走行が可能だという。







関連記事