DeNAが2019年2月6日に第4回TechCon 次世代タクシー配車アプリ「MOV」も紹介

AI技術の事業への応用についても説明


株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区:代表取締役社長兼CEO:守安功)=DeNA=は2018年11月19日までに、4回目となる技術カンファレンス「DeNA TechCon 2019」を2019年2月6日に開催すると発表した。







  1. DeNAのタクシー配車アプリ、新名称「MOV」に
  2. DeNAのカーシェア「Anyca(エニカ)」、サービス3周年で登録17万人超
  3. DeNA、「タクベル」タクシーに後部座席タブレット
  4. DeNA、MaaS分野での技術開発へ横断組織

オートモーティブ事業では、新名称「MOV」へのリブランディングを先日発表した次世代タクシー配車サービスの車載ハードウェアについて紹介する予定だ。

公式サイトによると、次世代タクシー配車サービスについては、ハードウェア機器開発チームの米山輝一マネジャーと同サービスのAndroidアプリ開発を手掛ける三輪智也氏が登壇して説明するようだ。

DeNA TechCon 2019のテーマは「SHIFT UP」。「AI(人工知能)技術の事業への応用」「クラウド活用」「サービス開発」「ものづくりを支える技術」の4ステージに分けて、DeNAの最新の取り組みを紹介する予定。

参加申し込みは無料。詳しくは「公式サイト」も参照。

【参考】関連記事としては「DeNAのタクシー配車アプリ、新名称「MOV」に」も参照。







関連記事