ブッキングHD、東南アジアのライドシェア・配車大手グラブに220億円出資

相互のサービス利用可能に


出典:Grab社プレスリリース

オンライン宿泊予約サイト「Booking.com」を運営するブッキング・ホールディングス(本社:オランダ)が2018年11月4日までに、シンガポールの配車・ライドシェアサービス大手のGrab(グラブ)へ出資を行い、戦略的資本提携を結んだことが明らかになった。

  1. シンガポールの配車大手グラブ、Masterカードと提携 金融サービス拡充へ
  2. トヨタ、出資先のライドシェア大手グラブの運転手に優遇策
  3. マイクロソフト、東南アジアのライドシェア大手グラブに出資
  4. トヨタ、ライドシェア大手グラブに1100億円出資 東南アジアで圧倒的シェア

出資額は2億ドル(約220億円)。今回の提携でBooking.comのユーザーはGrabのサービスを、GrabのユーザーはBoooking.comのサービスを利用できるようになる。







今回の戦略的資本提携に際して、ブッキングホールディングスのシニア・バイス・プレジデントであるトッド・ヘンリック氏は「グラブはここ数年で東南アジアで飛躍的に拡大をし、大企業としての地位を確立した」と評価。その上で、旅行体験の向上にグラブのテクノロジーが加わることを楽しみにしている、との考えも示した。

グラブのミン・マー社長は「東南アジアのオンライン旅行市場の規模は2025年までに3倍近くになる」と説明した上で、「ブッキングホールディングスによる出資は、事業拡大を続けるグラブへの信頼の証である」とコメントを出している。

Grabは2018年末までに30億ドル(約3400億円)の資金調達を計画しており、今回の資金調達を含めて累計調達額は22億ドル(約2500億円)に達した。







関連記事