多様化するMaaS、新たに「Web型」も!奥京都MaaSの実証実験が始動

ウェブ活用し、検索・予約・決済をワンストップ



出典:京阪ホールディングス・プレスリリース

「観光型MaaS」「都市型MaaS」といったワードはよく聞くようになってきたが、「Web型MaaS」を訴求する実証実験も新たにスタートした。

京都の奥座敷と呼ばれる大原・八瀬・鞍馬・貴船などの洛北エリアで2020年11月6日までに、Web型MaaS「奥京都MaaS」の実証実験が始まった。ウェブサービスの利点を活かすMaaSのことを「Web型MaaS」と定義し、取り組みを進めていくようだ。







■「奥京都MaaS」の概要は?

今回の実証実験は、京阪ホールディングスと東日本旅客鉄道(JR東日本)、京都市、京都市観光協会が共同で始めたものだ。期間は2021年1月31日までの予定だという。

実証実験では京都を訪れる観光客を洛北エリアへ分散させ、京都市内中心部の混雑緩和と消費の分散化、「朝観光」と「夜観光」の促進による観光時間帯の分散化などを目指すという。

そして今回の実証実験の目玉である仕組みが、検索・手配・決済がワンストップで可能なウェブサービスだ。JR東日本の「モビリティ・リンケージ・プラットフォーム」をベースに構築され、JR東日本のアプリと連携して京都旅行に関心がある人にアプローチしていくという。

報道発表ではこのほか、Webサービスの利点を活かした点として、以下の3点を挙げている。

  • カスタマイズ可能な行程管理機能を活用した、洛北周遊モデルコースの提案
  • デジタル企画乗車券・飲食チケットのキャッシュレス販売・発券
  • QR コードを活用した非接触のデジタルスタンプラリー

そのほか、新型コロナウイルス対策としてエリアの密情報を確認できるよう、細かいメッシュ単位で京都市内の人口推計データを1時間ごとに確認できる機能も実装されている。

■多様化するMaaSのカタチ

観光型MaaSや都市型MaaS、そしてWeb型MaaSも取り組み内容が重なる点が多いが、奥京都MaaSではよりウェブサービスの強みを生かす形で取り組みを進めていくようだ。

ちなみに最近では「環境配慮型MaaS」という取り組みに関する検討が開始されたことでも話題になった。鉄道などの二次交通やEVカーシェアリングサービスをユーザーが検索・活用しやすいようにすることで、移動が環境に与える悪影響を最小限にしようという試みだ。

このようにMaaSの取り組みはいま多様化しており、新たな「◯◯◯MaaS」も今後誕生していくことになりそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事