トヨタ子会社、「米企業を毎月1社買収せよ」の大号令?Renovo Motorsも買収

ウーブンプラネット、車両開発プラットフォーム強化へ



出典:トヨタ公式サイト

トヨタ子会社のウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区/CEO:ジェームス・カフナー)は2021年9月30日までに、自動車向けOS(基本ソフト)を開発する米Renovo Motorsを買収したことを発表した。

ウーブン・プラネットはトヨタの先行開発領域を担っている企業だ。Renovo Motorsを買収したこともさることながら、今回注目したい点は買収のスピード感だ。2021年7月から3カ月連続で企業買収を完了させている。







■ウーブン・プラネットが月1ペースで買収発表

ウーブン・プラネットは、2021年7月に配車サービスを手掛けるLyftの自動運転部門「Level 5」の買収を、翌8月に次世代道路情報解析に強みを持つ米CARMERAの買収を完了させている。そして今回、9月にRenovo Motorsを買収したことを発表した。月1ペースだ。

ウーブン・プラネットが海外の有力企業の買収を急いでいるのには、自動車業界や自動運転業界で開発競争が激化していることが背景にあるとみられる。いち早く優秀なエンジニアの囲い込みを進めるため、資金の拠出に躊躇はない様子だ。

Level 5の買収では、世界トップレベルのソフトウェアエンジニアを約300人獲得し、合計で1,200人の開発チームを構築することができた。CARMERAの買収では、同社のエンジニアが自動地図生成プラットフォーム「AMP」の開発チームに加わることとなった。

そしてウーブン・プラネットは今回のRenovo Motorsの買収によってさらにチーム力を強化し、オープンな車両開発プラットフォーム「Arene(アリーン)」の開発スピードを上げるという。

■年内にさらに3件の買収が発表される可能性

Level 5とCARMERAに引き続き、Lenovo Motorsを買収したウーブン・プラネット。同社のビジョンである「Mobility to Love, Safety to Live」のスピーディーな実現を目指しているようだ。

このペースでいけば、10月、11月、12月と、年内にさらに3件の買収が発表がされる可能性がある。今後もウーブン・プラネットの動向に注目だ。

▼Renovo Motors公式サイト
https://www.renovo.auto/

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事