三輪型の自動運転配送ロボ「数千」展開 米Refraction AIが資金調達

「ラストワンマイル」の無人配送に注力



自動配送デリバリーロボットの中ではちょっと珍しい「三輪型」を開発している企業がある。米ミシガン州アナーバーに本拠地を置くスタートアップ企業のRefraction AIだ。

そんなRefraction AIが2021年3月12日までに、シードラウンドで420万ドル(約4億6,000万円)の資金調達を行ったことが明らかになった。







今後、同社が開発する自動配送ロボット「REV-1」の本格展開を目指すとみられ、同社のLuke Schneider最高経営責任者(CEO)は展開台数について「数百、数千」としている。

■「ラストワンマイルデリバリー」に注力するRefraction AI

Refraction AIの自動配送ロボットの展開は2020年夏から始まり、当時はアナーバーで8台を公道で稼働させてレストランやカフェから料理や商品を運んでいたが、同社の広報担当者によるとすでに展開ロボット数は25台まで増えているという。

Schneider氏は米メディアのインタビューに、2021年4月からはテキサス州オースティンでも展開を開始する予定であることを明らかにしている。

ちなみに同社は移動のための自動運転車などの開発は手掛けず、「ラストワンマイルデリバリー」向けのロボットの開発に今後も注力するとしている。

また、同社のロボットは1台4,000ドル(約43万6,000円)と低コストで製造できることも強み
で、バイクのフレームをベースに開発していることも明らかにされている。速度は歩道を走行するロボットの「2〜3倍」(Schneider氏)で、より料理を温かいまま届けられるという。

■競争激化、気になる企業間競争の行方

自動運転技術や自律走行技術を活用したデリバリーロボットを開発する企業が、アメリカを含む世界で続々と立ち上がっている。そしてコロナ禍においては積極的にロボットが実運用され、まさにこうしたスピード感はアメリカならではだ。

そんな中で三輪タイプの自動配送ロボットを開発するRefraction AIが、将来的にこうした分野でどこまでシェアを高められるか、企業間競争の行方が気になるところだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事