なんと1日1.3社増!MONET集団、500社秒読み MaaSや自動運転で連携

トヨタとソフトバンクが主導





出典:MONETコンソーシアム公式サイト

加盟企業がずらりと紹介されているMONETコンソーシアムの公式ページ。そのページ内の最上部には、加盟企業社数が表示されている。そしてこのほどその数字が「493社」(2020年1月30日時点)となった。500社の大台が目前だ。

MONETコンソーシアムは「モビリティイノベーションを実現する『仲間が集い、つながる場』」として、2019月3月28日に設立された。主導的存在なのが、トヨタとソフトバンクの共同出資会社であるMONET Technologiesだ。







設立当初の加盟企業は88社だった。これがつまり2019年3月28日時点の数字で、2020年1月30日時点で493社に上っているということは、308日間で405社増えたことになる。1日あたり何社が増えているか計算してみると、「405社÷308日」で実に1.3社となる。かなりのハイペースだ。

■自動車業界の枠に収まらない革新が起きる

加盟企業一覧はMONETコンソーシアムの公式ページ「https://consortium.monet-technologies.com/member」から確認することができる。建設業、金融業、サービス業、教育業というように、幅広い業種の企業が参加していることが特徴だ。

異業種がこれだけ参加している背景には、モビリティイノベーションの一つに数えられる「MaaS」や「自動運転」が、自動車業界の枠に収まる革新ではないからだ。「自動運転」という言葉自体は移動の無人化を示すが、車内向けサービス、それに伴う決済サービスというように、さまざまな業界が絡んでいく。

こうしたことに気付いた企業が、いち早くMONETコンソーシアムへの加盟申し込みを行っているようだ。

■あと1年ちょっとで加盟社数は1000社に?

日本国内でモビリティイノベーションに特化した企業横断組織として、ここまで勢いがあるのはMONETコンソーシアムだけだ。このペースでいけば、あと1年ちょっとで加盟社数は1000社を超える。加盟企業数が増えればそれだけシナジーが生まれる機会も多くなる。

MaaSそして自動運転などに興味がある人は、ぜひ一度MONETコンソーシアムの加盟企業の一覧ページを開いてみてほしい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事