産総研&日立が提案した移動体データ形式、国際標準仕様に採択 自動運転に貢献

業界の課題に挑戦、新たに「MF-JSON形式」





自動運転では、人や自動車などの移動データを共有することの重要性が広く認められているものの、統一的なデータ形式がなかった。

そんな中、産業技術総合研究所(産総研)人工知能研究センターと日立製作所が、人や自動車などの「移動体」の位置情報の時間変化を表す「OGC Moving Features Encoding」を拡張した新たな移動体データ形式「MF-JSON形式」を地理空間情報の国際標準化団体「OGC」に共同提案し、国際標準仕様として採択された。







■MF-JSON形式を開発した背景は?

これまでは移動データの標準的な交換形式がなかったため、システム間の連携が問題となっていた。国際標準化機構ISOによる国際標準規格はあったが、実用的なデータ交換には向いていなかった。

そこで産総研は、2016年に日立などが設立したOGCの「Moving Features Standards Working Group」に参画し、移動データに関する国際標準仕様の開発に取り組んできた。

今回開発されたMF-JSON形式は、すでにOGCで採択されていた「XML形式」よりもデータ記述が簡単で、「CSV形式」よりもさまざまな移動体を記述できることが特徴のようだ。

移動データに関する国際標準OGC Moving Featuresとその適用事例=出典:産業技術総合研究所プレスリリース
■MF-JSON形式は2つの形式で構成

MF-JSON形式は、GPS(全地球測位システム)から提供される点形状の0次元移動体の単純な移動データを記述する「MF-JSON Trajectory形式」と、さまざまな形状の移動体の複雑な動きの移動データを表現できる「MF-JSON Prism形式」の2つの形式から構成されている。

前者のMF-JSON Trajectory形式は、地理空間情報分野でオープンなデータ交換形式として一般的な広く利用されている「GeoJSON」を拡張し、時間変化の記述を可能としたデータ表現仕様だ。

2次元地図上でマッピングされたMF-JSON Trajectory形式の点形状の車の移動データの例(移動軌跡データや時間変化する属性情報を簡潔に記述)=出典:産業技術総合研究所プレスリリース

一方、MF-JSON Prism形式は、高さを含むさまざまな形状の動きを記述できる新たなデータ形式だという。例えば、立体形状の3次元CADモデルや自動運転技術に必要な3次元LiDARデータなどの向きを含む動きなどが記述できる。

3次元地図上でマッピングされたMF-JSON Prism形式の立体形状の車の移動データの例(移動軌跡や車両向きを一体的に表現)=出典:産業技術総合研究所プレスリリース

この両方の形式を組み合わせることで、より精緻な3次元時空間データやその動きの表現を必要とする自動運転などの分野で、移動データの利活用がしやすくなるという。

■【まとめ】業界の発展に資するもの

自動運転の開発・発展において、移動データ形式の標準化は非常に重要なことだ。今回の国際標準仕様としての採択は、業界の発展に資するものと言えよう。

【参考】関連記事としては「自動運転、ゼロから分かる4万字まとめ」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事