FLIR Systemsの遠赤外線カメラ、Zooxの自動運転タクシーで採用!

昼夜を問わず確実なセンシングを可能に



出典:コーンズテクノロジー(FLIR Systemsの国内販売代理店)プレスリリース

センサーシステムを手がける米FLIR Systems(フリアーシステムズ)は2021年3月2日にまでに、米アマゾン子会社の自動運転開発企業Zoox(ズークス)に遠赤外線カメラを提供することを発表した。

FLIR Systemsの遠赤外線カメラを搭載することで、Zooxが展開する自動運転タクシーのセンシングシステムにおける視認性・安全性を向上させることが狙いのようだ。赤外線カメラでは熱画像を使用するため、昼夜を問わず歩行者や自転車など確実に検知しやすい。







■赤外線技術の大御所、自動運転分野でも存在感

1978年創業のFLIR Systemsは、赤外線技術で世界トップシェアを誇るグローバル企業だ。15年ほど前に自動車分野に進出し、すでに自社開発の遠赤外線カメラモジュールが自動運転レベル4(高度運転自動化)向けの車両で採用されるなど、実績を重ねている。

そんなFLIR Systemsの遠赤外線カメラを、自動運転開発企業の中でも有力企業とされているZooxが採用したことで、自動運転分野におけるFLIR Systemsの存在感は一層高まりそうだ。

FLIR Systemsは報道発表で「Zoox社の自動運転車への導入により、より安全なモビリティの重要なコンポーネントとして広く受け入れられていることを実感しています」としている。

ちなみにFLIR Systemsは、自動運転システムのアルゴリズム構築用に、赤外線画像の教師データを一部無償で提供するなどしていることでも知られる。このデータセットでは、歩行者や自転車、信号機、道路標識などの遠赤外線画像が揃っている。

■自動運転車メーカーのパートナー選びに注目

自動運転車は昼夜問わず安全な無人走行が実現できなければならない。こうした中、明るさなどに左右されずに物体を認識・識別できる赤外線技術は、自動運転車にとって重要な要素だ。

今後、Zooxそしてほかの自動運転車を開発する企業が、赤外線技術・センサーでどの企業をパートナーに選んでいくのか、注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事