ドラレコの個人情報除去AI、精度向上!東大発ベンチャーが発表

人の顔を「人物」の位置から推定する手法導入



出典:TRUST SMITHプレスリリース

東京大学発AI(人工知能)ベンチャーのTRUST SMITH株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:渡辺琢真)は2021年2月14日までに、「ドライブレコーダー映像から個人情報を取り除くAI」の精度向上に成功したと発表した。

このAIは、筑波大学大学院の坂本航太郎氏らが考案したもので、モザイク精度の向上に成功したことで、ドライブレコーダー映像の汎用的な使用をより可能にするという。







■顔を対象するために「人物」の位置を認識

「ドライブレコーダーの映像から個人情報を取り除くAI」とは、個人の顔や車のナンバープレートなどを自動を認識し、モザイクのように自動で消し込む技術だ。ローカルネットワーク内で処理することができ、確実に個人情報を保護できるなどの強みがある。

今回のアップデートでは、顔を認識するために「人物」の位置を、ナンバープレートを認識するために「車」を認識させることで、モザイクの精度が向上したという。以前は、顔とナンバープレートを単独で認識させていた。

■先端技術を駆使してモビリティの将来に貢献

ちなみに、世界各国でも適用されている欧州の個人情報保護の枠組みとして、「GDPR」(General Data Protection Regulation=一般データ保護規則)がある。

地図製作や道路メンテナンス、エリアマーケティングなど、さまざまな利用価値が生まれるといわれているドライブレコーダーのデータだが、個人情報を多く含むデータとなるため、記録した情報を分類し、GDPRで保護の対象となるデータにはGDPRに則ってマスキング処理が必要だ。こうしたマスキング処理に、今回のような「ドライブレコーダー映像から個人情報を取り除くAI」が役立つ。

ちなみにTRUST SMITHはトラックの自動運転技術の開発も進めている。今回のアップデートを含め、先端技術を駆使してモビリティの将来に貢献しようとしている同社に、引き続き注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事