低コストな自動運転化に寄与!DMP、Visual SLAMソフトの提供開始

高い汎用性を確保、AGVやUGVの実用化に貢献



出典:DMPプレスリリース

自動運転向け半導体の開発などを手掛ける株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区/代表取締役社長:大澤剛)=DMP=は2021年1月28日までに、カメラやセンサーを使って自己位置推定と地図作成を同時に行うVisual SLAM技術のソフトウェア製品「ZIA SLAM」の提供を開始することを発表した。

ZIA SLAMは、自動走行や自律移動の実用化を見据えて開発された製品だ。Visual SLAMはSLAM技術の中でも安価で高精度かつ高速に動作することが可能なため、低コストで機器の高性能化が可能だという。







同社は報道発表でZIA SLAMについて「高い汎用性を確保しており、GPU(画像処理半導体)、CPU(中央演算処理装置)、FPGA(演算回路を自由に書き換えられる半導体)などプラットフォームに依存せずに組込みこむことが可能」と説明している。

DMPは低速車両の自動運転化のためのAI(人工知能)技術の開発を加速させており、今後はVisual SLAMのビジネスを拡大し、AGV(無人搬送車)やUGV(自動配送ロボット)、お掃除ロボットなどの実用化や普及に貢献したいとしている。

■拡大するSLAMロボット市場で事業展開

このニュースで登場したSLAMとは、「Simultaneous Localization and Mapping」の頭文字をとったもので、直訳すると「位置の特定と地図作成を同時に行う」ことを意味する。

米MarketInsights社のレポートによると、SLAMを搭載したロボットの世界市場は、2019年の2億4,850万ドル(約257億円)から2025年には4億7,260万ドル(約489億円)へと約2倍に成長するとされている。

こうした成長領域で事業を展開するDMP。2019年にはヤマハ発動機と業務資本提携したことでも知られ、事業の拡大でさらにこのSLAM領域で存在感を高めていきそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事