出光興産、MaaS事業の実証第2弾!千葉でEVカーシェア事業

カーポートには非接触充電設備





出典:出光興産プレスリリース

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:木藤俊一)は2020年5月24日までに、MaaS事業の実証第2弾として、千葉県館山市でEVカーシェア事業「オートシェア」の試験提供を開始したと発表した。

今回の実証で用いられる車は、前回の実証実験同様、タジマモーターコーポレーションが開発した超小型EV「ジャイアン」。今回はジャイアンを充電するカーポートに子会社の軽量CIS太陽電池を設置し、再生可能エネルギーを用いたカーシェア事業に取り組む。







カーポートには非接触充電設備が設置され、軽量CIS太陽電池で発電した電気をワイヤレスで車両に充電可能だという。

■実証第2弾の成果に注目

出光興産は経営課題として、環境負荷低減を踏まえた次世代事業の創出を掲げているほか、エネルギーインフラとしての地域貢献も、国内を代表するSS(ガソリンスタンド)ネットワークとして常に見据えている。

EV車両のカーシェアが普及すれば必ず充電カーポートも必要となってくるし、カーポートが増えればガソリン車からEVへのシフトへの対応も自ずと進んでいくことになる。

2019年8月にMaaS事業の実証を開始した出光興産の新たな取り組みがどのような成果を出すのか、注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事