トヨタコネクティッドとNTTデータ、モビリティサービス領域で提携

スマートシティ構想を視野、関係緊密化





トヨタのコネクテッド分野の戦略事業会社であるトヨタコネクティッド株式会社(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:友山茂樹)と株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区/代表取締役社長:本間洋)は2020年4月10日までに、スマートシティ構想を視野に入れたモビリティサービス・プラットフォーム機能強化とコネクテッドカーの世界展開に向けて業務提携を開始したと発表した。

この業務提携は、モビリティサービス事業における両社の強みを掛け合わせ、トヨタコネクティッドが開発しているモビリティサービス・プラットフォーム「MSPF」の開発力の強化とビッグデータなどの管理・運用体制の拡充を図るのが主な目的だ。







出典:トヨタコネクティッド社プレスリリース
■トヨタコネクティッドとNTTデータの強みを融合

トヨタ自動車は2016年に「コネクティッド戦略」を発表し、MaaS戦略を支える情報プラットフォームとして「MSPF」の展開を推進しており、トヨタコネクティッド社はこのMSPFを開発している。また、世界中のコネクテッドカーのビッグデータを収集し、日本と世界7地域でクラウドセンター運用業務を行っている。

NTTデータは世界50以上の国と地域で、デジタルを活用した新たな事業の創出やサービスの提供に取り組んでいる。

このようなトヨタコネクティッドが培ったコネクティッドカー事業やカーシェアなどのサービス開発・運用ノウハウと、NTTデータが持つクラウド・ビッグデータなどのテクノロジー活用ノウハウを融合させ、共同開発や人材交流を図ることにより、MSPFの開発と車両ビックデータの活用力の強化を目指すという。

■トヨタとNTT、関係性がより密接に

今回業務提携した両社の本体であるトヨタ自動車とNTTは2020年3月、トヨタが静岡県裾野市で進めるコネクティッドシティ「Woven City」の街作りやスマートシティの取り組みをともに進めるため、業務資本提携に関する同意書を締結している。

このスマートシティ構想では、自動運転やコネクテッドカーにおける通信やデータの活用がカギの一つで、この領域で両社がどう協業していくのか大きな注目を集めている。

トヨタ自動車とNTTの提携、そしてトヨタコネクティッド社とNTTデータの提携。次世代モビリティ開発やスマートシティの取り組みが加速する中、トヨタのNTTの関係性はより密接なものになっていきそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事