Tesla(テスラ)

日本、自動運転レベル4はいつから?ODD拡大ではデータの網羅性も鍵(深掘り!...

いよいよ自動運転レベル3が日本で解禁されることになり、次は自動運転レベル4の実現時期に注目が集まる。レベル3からレベル4へとステップアップするための技術要件は何か。そして、レベル4はいつごろ解禁されるのか。 レベル3の次の段階...

テンセントさよなら!テスラ、地図データを「百度」に変更 AI自動運転を見越し...

電気自動車(EV)大手の米テスラ2020年1月20日までに、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」で投稿を行い、自社で扱うマップデータを中国の「テンセント」から「百度(Baidu)」に変更したことを明らかにした。 現在のテス...

フルAI自動運転機能、マスク氏「2019年内」と言ってたのに…テスラからまだ...

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はかつて「2019年内」にフル自動運転機能を限定公開できる見通しを語ったが、2020年に入って早2週間が経とうとしているが、限定公開したとの発表はまだない。イー...

米政府、自動運転開発のガイドライン「AV 4.0」を発表 CES 2020の...

アメリカ政府は米ラスベガスで開催中の世界最大の技術見本市「CES 2020」において、アメリカにおける自動運転開発の新たなガイドラインとなる「Automated Vehicles 4.0」(AV 4.0)を発表した。米政府のチャオ運...

AI自動運転タクシー、「2020年目標」はGM・Tesla・Uber・ZMP...

2020年の幕が開けた。各自動車メーカーのトップや幹部の発言などを分析すると、今年新たにAI自動運転タクシーの実用化を目指しているのは、少なくともアメリカ勢のGM(ゼネラル・モーターズ)とテスラとウーバー、そして日本勢のZMPだ。 ...

カリフォルニア、自動運転車の公道試験認可「デリバリー用」にも

米カリフォルニア州車両管理局(DMV)はこのほど、デリバリー用などの自動運転車が公道で「試験走行」や「商用利用」ができるよう、自動運転技術を開発する企業に対して許認可を与える制度をスタートさせることを発表した。 この発表は20...

AIや自動運転…”知能化技術”、投資有望性1位 投資...

投資家たちはいつも成長市場を探している。早期に有望スタートアップやベンチャー企業に投資すれば、その時期が早ければ早いほど、キャピタルゲイン(売却益)は大きくなる。VC(ベンチャーキャピタル)やCVC(コーポレート・ベンチャーキャピタル)にと...

自動運転時代、マイカーが勝手にタクシー営業 自ら維持費稼ぐ、テスラも構想

将来、人々が持っている自家用車が自動運転化すると、ある一つの大きな変化が起きる。それはマイカーがタクシーになるということだ。 少しピンと来ない人もいるかもしれないが、マイカーが自動運転車になると、車両を使っていない時間帯にAI...

イーロンマスク発言が本当なら、年内に”フル自動運転”...

2019年もいよいよ12月に入り、年の瀬も近づいてきた。そんな中、自動運転業界ではあることに注目が集まっている。それは、米電気自動車(EV)大手のテスラが年内にフル自動運転機能を公開するかどうか、という点だ。 テスラのイーロン...

テスラのコネクテッド機能まとめ ソフトアップデートでエンタメ機能充実

生産体制の構築が順調に進み始め、世界シェア拡大をうかがうEV(電気自動車)大手の米Tesla(テスラ)。EVに特化したビジョンがついに花を咲かせるか注目が集まる。 自動運転開発にも積極的で、2019年には「ロボタクシー構想」を...