Tesla(テスラ)

テスラの自動運転戦略については「テスラの自動運転技術(2022年最新版)」から確認することが可能です。

テスラ信者の米著名投資家、ロボタクシー展開で「株価10倍」と強調

自動運転タクシー実現でテスラ株は10倍に──。ETF(上場投資信託)運用を手掛けるアーク・インベストの創業者兼CEO(最高経営責任者)のキャシー・ウッド氏がブルームバーグの取材に対し、テスラのポテンシャルについてそう評価したようだ。...

Amazonの自動運転タクシー、結局「テスラより先」に一般展開へ

米アマゾン傘下の自動運転開発企業Zooxが、まもなくネバダ州ラスベガスで自動運転タクシーサービスを一般開放するようだ。不特定多数を対象とした継続的な無人サービスとなれば、米国で3番目の本格的な自動運転タクシーとなる見込みだ。 ...

テスラの自動運転技術・Autopilot/FSDを徹底分析(2024年最新版...

EV(電気自動車)大手として世界に名を馳せる米テスラ。イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)のリーダーシップと強烈なキャラクターのもと、自動運転業界を賑わせる存在としても有名だ。 EVの代名詞的存在として定着したテスラだが、...

テスラの完全自動運転ソフト、事故率が「一般車両の7分の1」に

テスラの運転支援システム「FSD」(Full Self-Driving)の事故率が、2023年は100万マイル当たり0.21件で、2022年の0.31件から32%減少していたことが、テスラが公開した「2023 Impact Repo...

テスラの自動運転タクシー、「発表日」まで残り1カ月!マスク氏の宣言は現実にな...

EV大手テスラのXデーが近づいてきた。イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)がつぶやいた、自動運転タクシー(ロボタクシー)に関する発表日(8月8日)だ。残り1カ月を切り、いよいよカウントダウンが始まった。 ロボタクシー事業に...

【2024年6月の自動運転ラボ10大ニュース】テスラのインターン給与、トヨタ...

埼玉工業大学が2025年度、自動運転専攻を新設する計画という。高まり続ける開発熱を背景に、即戦力となり得る人材育成を図っていく構えだ。 一方、米国ではテスラやWaymoなどがインターンに高額の報酬を設定するなど、新卒の段階でエ...

テスラ、本社を中国に移転か 自動運転のテスト認可で現実味

米EV(電気自動車)大手のテスラのADAS(先進運転支援システム)である「FSD(Full Self-Driving)」が、中国・上海で走行テストを行う許可を取得したようだ。米メディアが報じている。 同社のCEO(最高経営責任...

株価93%下落の中国NIO、「自動運転レベル3」の試験許可を取得

中国政府はこのほど、株価が過去最高値から約93%下落している新興EV(電気自動車)メーカーNIOらに自動運転技術のテスト許可を与えた。 これにより、特定の道路においてレベル3の自動運転で試験走行が可能になり、ドライバーはハンド...

テスラのインターン給与、トヨタの正社員超え!自動運転部門で募集

EV(電気自動車)大手米テスラのインターンが破格の待遇となっているようだ。AI(人工知能)開発系の報酬は年収ベースで「10万~15万ドル(約1,500万~2,300万円)+福利厚生」となっており、トヨタの社員の平均年収を軽く超えてい...

SDV(ソフトウェア定義型自動車)の意味は?自動運転化の「最低条件」

自動車業界で今、ソフトウェア重視の開発がスタンダードとなりつつある。ソフトウェアをアップデートすることで各機能の改善・向上を図っていく前提で設計する「ソフトウェア・ディファインド・ビークル(SDV)」の標準化だ。 開発の在り方...