Tesla(テスラ)

テスラの自動運転戦略については「テスラの自動運転技術(2021年最新版)」から確認することが可能です。

機能をサブスク提供、まるでテスラ!ベトナムのEV企業、自動運転レベル3〜4の...

ベトナムの自動車メーカーVinFast(ビンファスト)は2022年1月21日までに、内燃エンジン自動車の生産を停止し、2022年後半からEV(電気自動車)の製造にシフトすることを発表した。 このこと自体にもニュース価値があるが...

テスラの自動運転ソフト「史上最悪」 NYタイムズに全面広告

2022年1月16日の日曜日、ニューヨーク・タイムズにテスラの自動運転ソフトを酷評する全面広告が掲載された。 全面広告では、テスラの自動運転ソフトウェアを「the worst software ever sold by a F...

テスラの自動運転技術(2022年最新版) モデル3に搭載?日本で可能?

EV(電気自動車)大手として世界に名を馳せる米テスラ。イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)のリーダーシップと強烈なキャラクターのもと、自動運転業界を賑わせる存在としても有名だ。 2020年の自動車製造台数が過去最高の50万...

テスラFSD、「購入型」は何年目で「サブスク型」よりお得に?自動運転機能を将...

米EV(電気自動車)大手テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が、同社の「FSD(Full Self-Driving)」オプションを1万2,000ドル(約137万円)に値上げするとTwitterでつぶやいた。1万ドル(約1...

テスラの自動運転機能「FSD」、インストールの方法は?

米EV(電気自動車)大手テスラがオーナー向けに提供している有料ソフトウェア「FSD(Full Self-Driving)」。現在の機能は運転支援に留まるが、無線アップデートにより将来的には自動運転機能が利用できるようになる予定だ。 ...

利用率10%割れ寸前 テスラの自動運転ソフト「FSD」、オーナー調査で判明

米EV大手テスラがオーナー向けに提供している有料ソフトウェア「FSD(Full Self-Driving)」。ソフトウェア名を直訳すると「完全自動運転」だが、今のところ提供できている機能は「運転支援」レベルにとどまっている。 ...

レベル4自動運転車、「量産」は中国の独壇場か 百度も大量製造へ

自動運転レベル4(高度運転自動化)の技術を使った有料の移動サービスが初めて始まったのは、アメリカの地だ。Google系Waymoが運転席無人の自動運転タクシーをすでに展開している。一方、レベル4の自動運転車の量産では、中国がアメリカ...

自動運転ラボ、2021年の閲覧数ランキング!1位は河野大臣のあの発言

コロナ禍の影響を受けつつも、さまざまな話題が飛び交った2021年。自動運転分野において、記憶に残る注目度の高い出来事は何だったろうか。 閲覧数が多かった順にランキング化した記事を通し、この1年を振り返っていこう。 ■1位:自...

2021年の「自動運転」10大ニュース!レベル3の実用化スタート

年の瀬を迎え、2021年も間もなく終わりを告げようとしている。前年に続きコロナ禍に見舞われたものの、自動運転業界は着実に前進を遂げた1年となった。 自動運転に関する2021年の10大ニュースをひとつずつ見ていこう。 ...

キャシーウッド氏「LucidとRivianが自動運転に参入したら買うわ」

Cathie Wood(キャシー・ウッド)氏をご存じだろうか。世界的に注目を集める米アーク・インベストメント・マネジメントの創業者で、同社のCEO(最高経営責任者)だ。 アーク・インベストメント・マネジメントは「破壊的イノベー...