Nuro(ニューロ)

ソフトバンク・ビジョン・ファンドとは?(2022年最新版)

投資会社としての色を年々濃いものへと変えていくソフトバンクグループ。投資事業をけん引するソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)などの投資損益は、日本企業で初めて5兆円の純利益を出した2021年3月期に累計7兆円を超えた。 ...

自動運転、アメリカにおける「3大州」は隣り合っている

自動運転開発で世界をリードする存在ともいえる米Google系Waymo。そのWaymoの自動運転タクシーの有料サービス「Waymo One(ウェイモワン)」が世界で初めて商用化されたのは、米国の「アリゾナ州フェニックス」だ。 ただし、...

Nuroの自動運転配送ロボ、中国EV大手BYDが製造パートナーに 

自動運転配送ロボットを開発している米シリコンバレーのスタートアップNuroが、中国のEV(電気自動車)大手BYD(比亜迪)と提携していたことが、2022年3月29日までに分かった。この提携により、Nuroの第3世代の自動運転配送ロボ...

アメリカの自動運転最新事情(2022年最新版)

自動車大国であり、自動運転開発も盛んなアメリカでは、グーグル系の自動運転開発企業Waymoが2018年、世界に先駆けて自動運転タクシーを実用化し、自動運転時代の口火を切った。以後、世界の開発各社がWaymoを追いかける形で開発競争を...

自動運転業界のスタートアップ一覧(2022年最新版)

AI(人工知能)やセンサーをはじめとした最新技術が結集する自動運転業界。新進気鋭のスタートアップも次々と登場し、業界を賑わせている。 この記事では、CASE(C=コネクテッド、A=自動運転、S=シェアリング・サービス、E=電動...

自家用レベル4計画が明らかに!2022年1月の自動運転ラボ10大ニュース

幕を開けたばかりの2022年だが、自動運転業界では早々にビッグニュースが飛び交っている。海外では、ボルボ・カーズがレベル3の販売計画を明らかにしたほか、モービルアイは自家用向けレベル4車両の開発計画を発表した。 国内では、国会...

自動運転、2022年に上場可能性があるベンチャー7選

2021年は、LiDAR企業や自動運転トラック開発企業を中心に新規株式公開する企業が続出した。この流れは2022年も続く見込みで、さらなる大型案件が発表される可能性もありそうだ。 この記事では、2022年中に上場予定の企業と、...

自動配送ロボに「歩行者用エアバッグ」!米Nuroの発想力

中型自動配送ロボットの開発を手掛ける米Nuroは2022年1月16日までに、第3世代となる自動配送ロボットを発表した。第3世代の自動配送ロボットで特筆すべき点は、「歩行者用エアバッグ」を搭載していることだ。 車体前方に歩行者用...

自動運転車の全事故報告ルール、企業側「イノベーションの妨げ」と反発

自動運転車に関する米ロビー団体「Self-Driving Coalition for Safer Streets」(より安全な道路のための自動運転連合)が、自動運転車などの事故に関する当局の報告ルールに異議を唱えている。米ロサンゼル...

自動運転車の「ベース車両」、トヨタ車が続々採用されている理由

自動運転配送ロボットの開発を手掛ける米Nuroが、セブンイレブンの米国法人と新たな取り組みに着手した。カリフォルニア州初となる商用自動運転配送サービスを開始したのだ。サービス展開にあたり、まずプリウスを改造した自動運転車両で実用実証を積み重...