Navya(ナビヤ)

自動運転とEV(2022年最新版)

コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化――いわゆる「CASE」の波が自動車業界に押し寄せている。 それぞれが密接に関わり合いながら開発・実用化が進められているが、次世代モビリティを象徴する自動運転と電動化は、特...

トヨタは勝てる?自動運転シャトルで「フランス最強説」

世界各地で実用化に向けた取り組みが加速する自動運転サービス。中でも、特定路線を走行する比較的小型の自動運転シャトルは導入のハードルが低く、自動運転技術の実装に向けた取り組みの中でも人気が高い。世界各地で実証やサービス化が進められてい...

自動運転バスのARMA、BOLDLYがオペレーター110人育成

ソフトバンク子会社のBOLDLY株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:佐治友基)はこのほど、自動運転バス「NAVYA ARMA」のオペレーターを累計110人育成したことを発表した。 世界25カ国で200台以上販売されてい...

スコットランド、乗客を乗せた自動運転シャトルが初運行

世界各国で社会実装が進む自動運転バス。イギリス北部スコットランドでもこのほど、乗客を乗せての自動運転シャトルバスの運行が実験的に始まった。同国ではこれまでも自動運転シャトルの実証実験が行われていたが、乗客を乗せての運行は今回が初とな...

自動運転バス、愛知県「再現できるビジネスモデル」確立へ

愛知県が実運行において「再現可能なビジネスモデル」の構築を目指し、2022年度は3つの地域で自動運転バスの実証実験を実施する。実施時期は、警察などとの調整を経て、改めて発表される。 愛知県は2016年度から自動運転の実証を積み...

870万円で無人タクシー製造!2022年3月の自動運転ラボ10大ニュース

2022年に入ってからも社会実装に向けた取り組みが加速し続けている自動運転業界。米国や中国、そして韓国では自動運転タクシーの実用化に向けた取り組みが一段前進したようだ。その一方、ロシアによるウクライナ侵攻の影響も一部で出始めている。...

サービス売上が139%増!自動運転向けLiDAR開発の米Luminar

LiDAR開発で注目を集める米Luminar Technologies。2021年通期の売上高は前期比128.9%増の3,194万4,000ドル(約38億7,000万円)まで増えた。2022年3月24日までに行われた決算発表で明らか...

自動運転シャトルの製造企業、「販売後」にも商機!メンテや有料オプションで

世界各地で実用化の動きが加速している自動運転技術。自動運転車そのものの市場化はすでに始まっており、付随するLiDARなどをはじめとする「製品」のビジネス化が大きく動き出している。 その一方、自動運転に関連する各種サービスのビジ...

自動運転車の解禁、世界で加速!米当局、ハンドルなし車両を認可へ

米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は2022年3月、連邦自動車安全基準(FMVSS)の改訂を見据え、ハンドルやアクセルペダルなどの手動制御装置を備えない自動運転車を対象とした乗員保護安全基準に関する最終規則を公表した。 従来...

「サービス売上」の伸び鮮明!自動運転シャトルの仏NAVYA、前年比23%増

ハンドルのない自動運転シャトル「ARMA」を開発する仏NAVYAは2022年3月16日までに、2021年の業績を発表した。 2021年の売上高は前年比5%増の1,016万ユーロ(約13億2,000万円)。売上高の内訳は「車両部...